株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

2019年 国内産業用ネットワーク機器市場 ベンダー動向分析

発行 IDC 商品コード 830861
出版日 ページ情報 和文 14 Pages
即納可能
価格
Back to Top
2019年 国内産業用ネットワーク機器市場 ベンダー動向分析 Japan Industrial Network Equipment Market Vendor Trends Analysis, 2019
出版日: 2019年04月22日 ページ情報: 和文 14 Pages
概要

IoTの進展と産業用ネットワーク機器需要は緩やかである一方で、産業用ネットワークで用いる技術や設計、アーキテクチャは明確に変化を続けています。また、国内産業用ネットワーク機器市場に参入しているベンダーは、産業用ネットワーク機器専業、産業用コントローラーベンダー、一般用企業向けネットワーク機器ベンダーの3タイプに分類でき、「コントローラーからの独立」「機能性重視」に向かっています。IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一氏は、「一般用企業向けネットワーク機器ベンダーは、自社ソフトウェア資産の有効活用を産業用ネットワーク機器市場戦略の中心に位置付けるべきである。ネットワークOSや運用管理フレームワークの企業向けネットワークで培ったソフトウェア資産を生かすことに注力すべきである」と述べています。

当レポートでは、製造業を中心とするIoT(Internet of Things)に対する関心の高まりと共に注目されてきた国内産業用ネットワーク機器市場の現状と企業ユーザーの動向を捉えながら、国内産業用ネットワーク機器市場に参入しているベンダーランドスケープと動向を分析しています。

Executive Snapshot

市場開拓と市場動向

  • はじめに:国内産業用ネットワーク機器市場の現在
    • 企業ユーザーのIoTネットワークに対する意識
      • 産業用ネットワークにおける無線志向
      • セキュリティ意識の高まり
  • 国内産業用ネットワーク機器ベンダー ランドスケープ
    • 企業向けネットワーク機器ベンダーのアプローチ
  • ベンダープロフィール
    • シスコシステムズ
      • 製品ポートフォリオ
      • ビジネス動向
      • 今後の展望
    • ヒルシュマン/サンコーテレコム
      • 製品トレンド
      • 産業用ネットワークのトレンド
      • サンコーテレコムのビジネス動向
      • サンコーテレコムの今後の展望

ITサプライヤーへの提言

参考資料

  • 関連調査
  • Synopsis
Back to Top