株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

2018年 国内IoTネットワーキングビジネス動向分析:LPWAの普及シナリオ

発行 IDC 商品コード 763670
出版日 ページ情報 和文 20 Pages
即納可能
価格
Back to Top
2018年 国内IoTネットワーキングビジネス動向分析:LPWAの普及シナリオ Japan IoT Networking Business Trend Analysis, 2018
出版日: 2018年12月26日 ページ情報: 和文 20 Pages
概要

LPWAは低速、省電力、広域カバレッジという特徴から、IoTデータを取得する上でのコスト面のハードルを下げてIoTの普及を促進する技術と期待されます。しかし、国内のMNOを始めとする主要なプレイヤーのラインナップが顔を揃えたところで、普及のボトルネックとなる新たな課題も見えてきました。ほぼすべてのサプライヤーにとって、「高コストなLPWAデバイス」「不透明なLPWA事業の収益性」「高まらないIoTイニシアティブ成熟度」は、共通する課題です。IDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである敷田 康氏は、「共通する課題を解決するために、LPWAサプライヤーが有効な施策を協働して案出、実施することが、ユーザー企業を含むLPWAエコシステム全体にとっての利益になる」と述べています。

当レポートでは、近年IoTの広がりを後押しするものとして関心を集める低消費電力の広域ネットワーク技術であるLPWA(Low Power Wide Area)市場について、LPWAサプライヤーの動向を中心に分析し、同技術を梃子としたIoTネットワークの普及シナリオについて考察しています。

Executive Snapshot

市場開拓と市場動向

  • はじめに
  • 用語の説明
  • 国内主要LPWA通信サービスサプライヤーのサービス展開状況
  • LPWAエコシステムと普及のボトルネック
  • LPWAの普及シナリオ
    • ユースケースによるLPWA規格の適合性
    • LPWAの普及阻害要因へのアプローチ
  • LPWAサプライヤーのビジネスモデル
  • 主要LPWAサプライヤーの動向
    • NTTドコモ
      • 注力ユースケース領域
      • ビジネスモデルと差別化要素
      • 課題認識
    • KDDI
      • 注力ユースケース領域
      • ビジネスモデルと差別化要素
      • 課題認識
    • ソフトバンク
      • 注力ユースケース領域
      • ビジネスモデルと差別化要素
      • 課題認識
    • 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)
      • 注力ユースケース領域
      • ビジネスモデルと差別化要素
      • 課題認識
    • センスウェイ
      • 注力ユースケース領域
      • ビジネスモデルと差別化要素
      • 課題認識
    • ソニー
      • 注力ユースケース領域
      • ビジネスモデルと差別化要素
      • 課題認識
    • ソラコム
      • 注力ユースケース領域
      • ビジネスモデルと差別化要素
      • 課題認識

ITサプライヤーへの提言

参考資料

  • 関連調査
  • Synopsis
Back to Top