株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

IoTアプリケーション開発におけるオープンソースの役割

The Role of Open Source in IoT Application Development

発行 IDC 商品コード 754289
出版日 ページ情報 英文 12 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=110.91円で換算しております。
Back to Top
IoTアプリケーション開発におけるオープンソースの役割 The Role of Open Source in IoT Application Development
出版日: 2018年12月06日 ページ情報: 英文 12 Pages
概要

商用 (非オープンソース) IoTアプリケーション・プラットフォームに対する顧客側の関心は非常に根強いですが、オープンソース技術プラットフォームにもまた大きな利点があります。具体的には、ベンダー側に取り込まれる危険性の回避や、柔軟な開発/導入オプション、コスト削減効果などが挙げられます。また、オープンソース・ソフトウェアの主要団体の間でもIoTへの関心が高まっており、それが今後の大幅な技術進歩や競争力強化につながる可能性があります。

当レポートでは、IoT (モノのインターネット) アプリケーション開発におけるオープンソース・ソフトウェア (OSS) の活用状況について分析し、IoTアプリケーション開発の現状や、OSS利用の利点と課題、主な市場参入企業、主な活用モデルとベストプラクティスなどを調査すると共に、特に欧州市場における進捗状況や企業側の見解といった情報も盛り込んでお届けいたします。

エグゼクティブ・サマリー

概況

  • IoTアプリケーション開発の現状
  • オープンソース・ソフトウェアの現状とIoT
  • IoTアプリケーション開発におけるオープンソースの利点
  • オープンソースIoT開発の課題
  • オープンソースIoTの活用モデル
  • オープンソースIoTに対する欧州企業の見解
  • オープンソースIoT市場の参入企業
    • Cloudera
    • Eclipse Foundation
    • Eurotech
    • FIWARE
    • The Linux Foundation/EdgeX Foundry
    • OpenRemote
    • Red Hat
    • Sierra Wireless
    • ThingsBoard

技術バイヤー向け提言

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: US43303918

This IDC Perspective examines the role of open source software (OSS) in IoT application development worldwide as well as a specific view into the European environment. The document provides the reader with the current status of IoT application development, some of the key benefits and challenges of leveraging OSS for IoT application development, an overview of some of the vendors and foundations involved in open source IoT projects, common open source IoT monetization models, and best practices for successful solution deployment."While there is strong customer interest in commercial (non-open source) IoT application platforms, leveraging open source technology platforms for IoT application development can offer many benefits, including a reduced potential for vendor lock-in, flexible development/deployment options, and cost savings," says Stacy Crook, research director, IoT."In the broader software market, open source software has long been a viable, attractive option. But more recently, we have seen IoT become a key focal point for some of the major foundations that nurture a portfolio of OSS technologies, helping jump-start that market and greatly increasing competitive conditions for non-open source solutions," says Al Gillen, group VP, Software Development and Open Source.

Executive Snapshot

Situation Overview

  • Current State of IoT Application Development
  • Current State of Open Source Software and IoT
  • Benefits of Open Source for IoT Application Development
  • Challenges of Open Source IoT Development
  • Open Source IoT Monetization Models
  • A European View on Open Source IoT
  • Open Source IoT Market Participants
    • Cloudera
    • Eclipse Foundation
    • Eurotech
    • FIWARE
    • The Linux Foundation and EdgeX Foundry
    • OpenRemote
    • Red Hat
    • Sierra Wireless
    • ThingsBoard

Advice for the Technology Buyer

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis
Back to Top