特集 : 国別レポートが13,000件から検索可能になりました!

特集 : 海外市場の委託調査がセミカスタムベースでお手軽にできます

株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
733554

2020年 国内ハイパーコンバージドシステム市場ベンダー動向分析

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 和文 16 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格は税抜き表示となります
2020年 国内ハイパーコンバージドシステム市場ベンダー動向分析
出版日: 2020年02月06日
発行: IDC
ページ情報: 和文 16 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
概要

IDC Japanエンタープライズインフラストラクチャのシニアマーケットアナリストである宝出 幸久氏は「国内ハイパーコンバージドシステム市場は成長期にあり、ITサプライヤーには売上額シェアの維持/拡大、ブランドの維持/強化が引き続き求められる。そのためには、自社のケイパビリティに応じたセグメント別戦略を構築すると共に、チャネルパートナーやパブリッククラウドプロバイダーなどとのエコシステムの形成を図り、顧客の反応に柔軟に対応しつつソリューションの完成度を高め、国内ハイパーコンバージドシステム市場におけるリーダーシップを確立することが重要となる」と分析しています。

当レポートでは、国内ハイパーコンバージドシステム市場の市場背景、市場構造、参入ベンダーの競合状況やハイパーコンバージドシステムビジネスへの取り組み状況を分析し、国内市場の競争環境においてITサプライヤーが競争優位を維持、強化するための提言を示しています。

Executive Snapshot

市場開拓と市場動向

  • 市場背景
    • 国内ハイパーコンバージドシステム市場概況
  • 市場構造とベンダービュー
    • 市場構造
    • 競合関係と脅威
    • 参入ベンダーと提携関係
  • ハイパーコンバージドソフトウェアベンダーの競合状況
  • システムベンダーの競合状況
  • システムベンダーのハイパーコンバージドシステムビジネスへの取り組み状況

ITサプライヤーへの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 調査方法
  • Synopsis
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2020, Global Information, Inc. All rights reserved.