株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

2019年 国内クライアント仮想化市場ROI分析:インテリジェントワークスペースの投資対効果

発行 IDC 商品コード 707406
出版日 ページ情報 和文 16 Pages
即納可能
価格
Back to Top
2019年 国内クライアント仮想化市場ROI分析:インテリジェントワークスペースの投資対効果
出版日: 2019年09月04日 ページ情報: 和文 16 Pages
概要

IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューションのシニアマーケットアナリストである渋谷 寛氏は、、「IDCで実施しているROI算出は、ITの実証性を測定する定量的指標として有効な指標の一つである。クライアント仮想化はデジタルワークスペース/インテリジェントワークスペースへ進展することで、さらに高いROIを示している。導入に踏み切れないユーザー企業の経営層に対し、このような定量的指標を訴求することで、導入が促進されるとIDCではみている」と述べています。

当レポートでは、クライアント仮想化製品を導入した550社のユーザー企業を対象に調査した結果に基づいて、IDC独自のROIの分析手法を用いて定量的な分析を実施し、投資対効果(ROI)を算出しています。

Executive Snapshot

市場開拓と市場動向

  • IDCによるROI分析手法
    • ROIとNPV
    • ベネフィットと投資額
    • 投資回収期間
  • クライアント仮想化製品のROI分析手法
    • 投資額の算出方法
    • ベネフィットの算出方法
    • 投資回収期間の算出方法
    • ベネフィット調査項目
  • 2019年 クライアント仮想化製品のROI分析結果
  • デジタルワークスペースROI分析比較

ITサプライヤーへの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 調査方法
    • 回答者数
    • 調査期間
    • 調査対象
    • 回答者属性
    • 公知データ
  • Synopsis
Back to Top