無料セミナー : 2018年10月23日『5G、OTTがもたらすデジタルトランスフォーメーション2025年までの展望』 IDATE DigiWorld共同開催

株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

2018年 国内コネクテッドビークル市場動向(個人ユーザー市場編):ITサプライヤーの事業機会の広がり

発行 IDC 商品コード 670519
出版日 ページ情報 和文 17 Pages
即納可能
価格
Back to Top
2018年 国内コネクテッドビークル市場動向(個人ユーザー市場編):ITサプライヤーの事業機会の広がり Japan Connected Vehicle Market Trend (Personal User Market Edition) 2018
出版日: 2018年07月30日 ページ情報: 和文 17 Pages
概要

IDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである敷田 康氏は「ITサプライヤーは「安全性/安心感」領域を中心とするエンドユーザーの価値認識レベルの高いサービスの進化の方向性を見定め、自動車OEMが未着手、あるいは開発途上のソリューション提案による自動車OEMに対する収益貢献シナリオを探るべきである」と述べていいます。

当レポートでは、個人ユーザーが車の所有者となる場合のコネクテッドビークルユースケースやサービスに関わるITサプライヤーの事業機会の広がりを考察しています。

Executive Snapshot

市場開拓と市場動向

  • コネクテッドビークル市場におけるITサプライヤーの顧客
    • IT購入者としてのコネクテッドビークル関連サービス提供者
    • ITサプライヤー、サービス事業者、ユーザーの関係
  • コネクテッドビークルユースケース/サービスの顧客価値
    • 自動車OEMのテレマティクスサービスのユースケース分類
    • コネクテッドビークルユースケース(サービスパッケージ)の顧客価値
  • コネクテッドビークル関連サービスの進化の方向性
    • サービスの「パーソナル化」の進展
    • 「パーソナル化」進展によるサービスのパーソナルコンピューティングデバイス連携の必要性
  • 自動車産業の外へのコネクテッドビークル関連サービス事業者の広がり
    • 自動車OEMのサービスプラットフォーマー化による新しいエコシステムの創出
    • 車のライフサイクルイベント視点での関連サービス事業者の広がり

ITサプライヤーへの提言

調査方法

参考資料

  • 関連調査
  • Synopsis
Back to Top