株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

チャットボットの開発環境と開発時の主な考慮事項

The Chatbot Development Landscape and Key Development Considerations

発行 IDC 商品コード 655507
出版日 ページ情報 英文 12 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=108.59円で換算しております。
チャットボットの開発環境と開発時の主な考慮事項 The Chatbot Development Landscape and Key Development Considerations
出版日: 2018年06月18日 ページ情報: 英文 12 Pages
概要

近年、多くの企業が顧客サービス・人事・コンプライアンスといった分野でチャットボットの導入・開発を進めています。現在はPythonやJavaが主な開発言語として使われていますが、今後はその他の開発言語や利用環境にも対応できるように体制を整備し、実地での運用成果や効率を高めることが重要な課題となるでしょう。

当レポートでは、各企業におけるチャットボットの現在の開発状況や傾向、主な利用事例について調査すると共に、現在の主な問題点や、業界関係者が今後取り組むべき事項、将来の技術開発・市場成長の方向性などについて分析しております。

IDCの見解

調査概要

  • 調査手法
  • チャットボットと人工知能 (AI)
  • チャットボット開発時の考慮事項
    • 利用事例:概略
    • チャットボットの利用事例と開発フレームワークの比較 (概略)
  • 顧客1:不動産投資企業
    • 技術概略
    • 事業シナリオ
    • ROI (投資回収率)
    • 開発フレームワーク/手法
    • 主な課題
  • 顧客2:世界的な消費財企業
  • 顧客3:国際的な商業/投資銀行

技術バイヤー向け提言

  • チャットボット開発フレームワークの主流に親しむこと
  • ベンダー側の「ロックイン」」制約と、自社の開発経路とを関連付けて把握する
  • チャットボット開発におけるソーシャルメディア・プラットフォームの重要性を考慮する
  • 開発の成功度・ROI (投資回収率) の計測手法の開発
  • 自社のチャットボットを、各地域の言語・文化に合わせて調整する際の許容範囲の設定
  • PythonやJavaの重要性を踏また上での、複数言語によるチャットボット開発の促進
  • 自社のチャットボットの (製品環境への) 調整能力を高めるための、訓練プロトコルの開発

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: US43976018

This IDC Perspective examines practices in software development for chatbots used for the customer service, HR, and compliance use cases."While developers enjoy an embarrassment of riches with respect to developer tools used for chatbot development, they tend to gravitate a core cluster of chatbot development frameworks such as Amazon Lex, IBM Watson, Google's Dialogflow, and the Microsoft Bot Framework," said Arnal Dayaratna, research director, Software Development at IDC. "With respect to languages, developers evinced strong affinities for Python and Java. Separate from considerations about development languages and frameworks, organizations that pursued chatbot development concurred on the importance of customizing chatbots to reflect the specificity of their audiences and setting realistic expectations about return on investment."

Executive Snapshot

Situation Overview

  • Methodology
  • Chatbots and Artificial Intelligence
  • Chatbot Development Considerations
    • Summary of Use Cases
    • Comparison of Chatbot Use Cases and Development Frameworks at a Glance
  • Customer 1: Real Estate Investment Firm
    • Technology Summary
    • Business Scenario
    • ROI
    • Development Frameworks and Methodologies
    • Key Challenges
  • Customer 2: Global Consumer Products Company
    • Technology Summary
    • Business Scenario
    • ROI
    • Development Frameworks and Methodologies
    • Key Challenges
  • Customer 3: Global Commercial and Investment Bank
    • Technology Summary
    • Business Scenario
    • ROI
    • Development Frameworks and Methodologies
    • Key Challenges

Advice for the Technology Buyer

  • Become Familiar with Dominant Chatbot Development Frameworks
  • Understand Vendor Lock-In Constraints Associated with Your Development Pathway
  • Consider the Importance of Social Media Platforms for Chatbot Deployment
  • Develop a Methodology for Measuring Success and ROI
  • Decide on the Degree to Which Your Chatbot Will Be Customized for Local and Regional Variations in Language, Dialect, and Knowledge
  • Embrace Polyglot Chatbot Development While Recognizing the Importance of Python and Java
  • Develop a Training Protocol That Accelerates the Readiness of Your Chatbot for Production-Grade Deployments

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis