株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

国内コネクテッドビークルソフトウェア市場予測、2018年〜2022年

発行 IDC 商品コード 643444
出版日 ページ情報 和文 12 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内コネクテッドビークルソフトウェア市場予測、2018年〜2022年 Japan Connected Vehicle Software Market Forecast, 2018-2022
出版日: 2018年05月22日 ページ情報: 和文 12 Pages
概要

IDC Japanコミュニケーションズのリサーチマネージャーである敷田 康氏は、「自動車OEMはモビリティサービスプラットフォーマー企業へのシフトを図り、さまざまなサービス事業者を巻き込んだデータ駆動型サービスを展開する。自動車OEMやサービス事業者は、サービスの付加価値化、差別化のために、データ管理/解析ソフトウェアを始め、データの種類や量の増大に対応するITインフラストラクチャ関連ソフトウェア、有用なインサイトを生み出すためのコグニティブ/AIシステム、セキュリティソフトウェアに対する支出を拡大する」と述べています。

当レポートでは、国内コネクテッドビークルソフトウェア市場について、支出額ベースでの2017年の見込みと2018年〜2022年の予測を提供しています。

IDC Market Forecast Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

  • コネクテッドビークルソフトウェア市場 ユースケース別予測
    • 安全/安心
    • 車両/運行管理
    • 車両診断/通知
    • 交通管制
    • 移動の効率
  • コネクテッドビークルソフトウェア市場 産業分野別予測
    • 自動車産業(組立製造)
    • 運輸
    • 中央官庁/地方自治体
    • 保険
    • その他の産業分野

市場の変化

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • 自動車OEMの将来の収益性に対する危機感
      • データ駆動型サービス競争の激化
    • 阻害要因
      • 自動車OEMの取り組み優先度の変更
      • コネクテッドビークル/自動運転車に特有の問題発生による停滞
  • 市場動向ハイライト
    • 自動車OEMのモビリティサービスプラットフォーマー化
    • 高まるデータの重要性
  • 前回予測からの変更

市場定義

  • コネクテッドビークルの定義
  • 本調査レポートでのソフトウェアの定義
  • 本調査レポートでのユースケースの定義

調査方法

関連調査

Back to Top