無料レポート プレゼントキャンペーン 実施中 : メールサービスに新規登録いただいた方にご用意した無料レポートをご提供

株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

国内IoTセキュリティ製品市場予測、2018年〜2022年

発行 IDC 商品コード 571461
出版日 ページ情報 和文 11 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内IoTセキュリティ製品市場予測、2018年〜2022年 Japan IoT Security Market Forecast, 2018-2022
出版日: 2018年11月21日 ページ情報: 和文 11 Pages
概要

現在に至るまでに、ITシステムでの大規模なウイルス感染や個人情報の流出、DDoS(Distributed Denial of Service)攻撃によるサービス停止といった数多くの事件が発生したことで、企業でのITセキュリティに対する危機感は高い状態です。一方で、OTに対しては、ITシステムで発生しているセキュリティ被害の数に比べて少なく、OTに対するセキュリティリスクの危機感は低いといえます。そのため、OTへのセキュリティ対策はITに比べ遅れており、セキュリティ製品の導入が進んでいません。しかし、ここ1〜2年でIoTデバイスでのセキュリティ被害が顕在化しており、OTでのセキュリティ被害も顕在化してくるとみられています。

当レポートでは、国内IoTセキュリティ製品市場を分析し、2018年〜2022年の予測を行っています。

IDC Market Forecast Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

  • 国内IoTセキュリティ市場の予測

市場の変化

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • サイバーセキュリティ基本法の施行
      • 改正個人情報保護法とEU一般データ保護規則の施行
      • セキュリティ脅威の変化
    • 阻害要因
      • 既存のセキュリティ技術への投資
  • 市場動向ハイライト
    • 産業用制御システム(ICS)向けセキュリティ製品ベンダーの国内市場参入
    • IoTデバイスでのセキュリティ被害の顕在化
  • 前回予測からの変更

市場定義

  • IoT (Internet of Things) セキュリティ市場定義

調査方法

  • 売上額の集計方法について

関連調査

Back to Top