株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

国内データセンター向けネットワーク機器市場シェア、2018年:寡占化が進むデータセンター向けイーサネットスイッチ

発行 IDC 商品コード 371785
出版日 ページ情報 和文 14 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内データセンター向けネットワーク機器市場シェア、2018年:寡占化が進むデータセンター向けイーサネットスイッチ
出版日: 2019年11月28日 ページ情報: 和文 14 Pages
概要

本調査レポートは、データセンター向けイーサネットスイッチとADC市場の2018年のベンダーシェアとベンダー動向を分析している。国内データセンター向けイーサネットスイッチ市場は、ベンダーの二極化/寡占化が進んでいる。シスコシステムズとアリスタネットワークスは、他の上位ベンダーの売上が軒並み伸び悩んでいるのに対して、2018年も二桁成長を達成し、2社合計のシェアは7割を超える。一方のADC市場は、2018年はほぼ横ばいで市場の活性度がやや低下している。そのような市場環境においては、ADCベンダー間の勢力図で大きな変化は起こりにくい状況にある。国内データセンター向けイーサネットスイッチ市場で上位2社に追従するベンダーは、「市場のトレンドであるIP CLOSアーキテクチャが、先進ユーザー以外にも広がる「IP CLOSの民主化」の到来を、巻き返しの千載一遇のチャンスと捉えるべきである。そこでは、一般的なネットワーク技術者でも取り扱うことができるようにしたIP CLOSのターンキーソリューションが有効である」とIDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は述べている。

IDC Market Share Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場シェア

  • 国内データセンター向けイーサネットスイッチ市場シェア
  • 国内ADC市場シェア

注目すべきベンダー

  • シスコシステムズ
  • アリスタネットワークス
  • エクストリームネットワークス

市場の変化

  • 市場動向ハイライト
    • Network Disaggregationの緩やかな進展
    • データセンター向けネットワーク機器市場におけるヴイエムウェアの存在感増加

調査方法

市場定義

関連調査

Back to Top