株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場予測、2019年~2023年

発行 IDC 商品コード 369143
出版日 ページ情報 和文 19 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場予測、2019年~2023年
出版日: 2019年09月03日 ページ情報: 和文 19 Pages
概要

ファイルレスマルウェア攻撃など高度なサイバー攻撃に対しては、侵入後のマルウェアの活動を迅速に検知し対処することが必要となります。サンドボックス技術やレピュテーション技術などの最新技術を活用した外部脅威対策製品で検出した脅威情報を脅威インテリジェンスによって共有することで、その後の攻撃への防御を可能にします。「セキュリティ製品やサービスを提供するサプライヤーは、高度化し累増する攻撃に対し、統合管理製品を中心とした脅威の可視化、セキュリティログの収集と相関分析、各セキュリティ機器と連携した自動化ソリューションを訴求すべきである。これらによって、限られた人材リソースにおいてもセキュリティ被害を最小限に抑え、サイバーレジリエンスを高めることができる」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである赤間 健一氏は述べています。

当レポートでは、国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場を標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策(STAP)製品市場とセキュリティ情報/イベント管理(SIEM)製品市場、脅威インテリジェンスセキュリティサービス(TISS)市場に分類し、2019年~2023年の市場規模の予測を提供しています。

IDC Market Forecast Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

  • 国内標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策(STAP)製品市場の予測
  • 国内セキュリティ情報/イベント管理(SIEM)製品市場の予測
  • 国内脅威インテリジェンスセキュリティサービス(TISS)市場の予測

市場の変化

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • サイバーセキュリティ基本法の改正
      • 重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る安全基準等策定指針の改定
      • セキュリティ脅威の増大
    • 阻害要因
      • 情報セキュリティエキスパートの人材不足
      • パブリッククラウドの利用拡大
  • 市場動向ハイライト
    • 脅威の可視化と自動化ソリューション
    • ファイルレスマルウェア攻撃の脅威によるエンドポイントソリューションの進化

前回予測からの変更

調査方法

  • 売上額の集計方法について

市場定義

  • 標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策(STAP:Specialized Threat Analysis and Protection)製品市場
  • セキュリティ情報/イベント管理(SIEM:Security Information and Event Management)製品市場
  • 脅威インテリジェンスセキュリティサービス(TISS:Threat Intelligence Security Services)市場
    • コンサルティングサービス
    • データフィードサービス
    • マネージドセキュリティサービス

関連調査

Back to Top