株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

国内企業向けネットワーク機器市場予測、2020年~2024年

発行 IDC 商品コード 357534
出版日 ページ情報 和文 23 Pages
即納可能
価格
国内企業向けネットワーク機器市場予測、2020年~2024年
出版日: 2020年04月21日 ページ情報: 和文 23 Pages
概要

2019年の国内企業向けネットワーク機器市場は、2018年に続き2019年もプラス成長を達成しました。2020年以降も、ネットワークアクセス手段として無線を第一に考える「ワイヤレスファースト」のさらなる浸透によって企業向け無線LAN機器市場は成長を続ける一方で、イーサネットスイッチとルーター市場は、成熟市場の様相を再び呈しマイナス成長に転じると予測されます。ワイヤレスファーストは、無線LANに留まらず企業ネットワーク全体に変化をもたらしています。IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一氏は、「企業向けイーサネットスイッチベンダーも、ワイヤレスファーストに最適化した有線LAN環境とは何かに応える提案を製品/販売戦略の中心に据えるべきである。そして、ワイヤレスファーストを脅威と捉えるのではなく、有線LAN環境刷新の貴重な機会と捉えるべきである」と述べています。

当レポートでは、企業向けイーサネットスイッチ、企業向けルーター、企業向け無線LAN機器で構成される国内企業向けネットワーク機器市場に関して、2020年~2024年の市場予測と今後の展望を提供しています。

IDC Market Forecast Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

  • 国内企業向けイーサネットスイッチ市場予測
  • 国内PoEスイッチ市場予測
  • 国内企業向けイーサネットスイッチ市場 速度別予測
  • 国内企業向けルーター市場予測
  • 国内企業向け無線LAN機器市場予測

市場の変化

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • ワイヤレスファースト
      • GIGAスクール構想
      • 10Gb光ブロードバンド
    • 阻害要因
      • 経済状況:国内動向
      • 5Gと無線LANの競合
  • 市場動向ハイライト
    • クラウド管理型無線LANの可能性
    • 企業ネットワーク仮想化/自動化の進展
  • 前回予測からの変更

市場定義

  • ルーター市場
    • 製品セグメント別
  • イーサネットスイッチ市場
    • レイヤー別
    • フォームファクター別
    • 速度別
    • ユーザーセグメント別
  • 企業向け無線LAN機器市場
    • 製品カテゴリー別

調査方法

関連調査