表紙
市場調査レポート

西欧の企業向け音声通話サービス/プラットフォーム市場の情勢 (2020年)

Western European Business Voice Platforms and Services Landscape in 2020

発行 IDC 商品コード 350971
出版日 ページ情報 英文 21 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=104.18円で換算しております。
Back to Top
西欧の企業向け音声通話サービス/プラットフォーム市場の情勢 (2020年) Western European Business Voice Platforms and Services Landscape in 2020
出版日: 2016年01月27日 ページ情報: 英文 21 Pages
概要

企業向け音声通話プラットフォームはライフサイクルが非常に長く、その変化は徐々に生じてきます。そのため、通信サービスプロバイダー (CSP) 各社は、2020年までの期間にわたるプラットフォーム/サービスの変化の動きを念頭に置く必要があります。業界関係者にとって、2020年はもう間もなくのことなのです。

当レポートでは、西欧諸国における企業向け音声通話サービスおよびプラットフォームの導入傾向と今後の見通しについて分析し、現在の市場構造や今後の動向見通し (今後6年間分)、技術方式別・サービス内容別の詳細動向、今後の市場の方向性、業界関係者への提言、といった内容を取りまとめてお届けいたします。

IDCの見解

調査概要

概況

将来の展望

IDCの提言

  • 自らをIP電話サービス業者として捉える
  • 顧客がIP電話へと移行するよう支援する
  • 音声通話だけを売らず、「コミュニケーションとコラボレーション」を売る
  • 外部のクラウド・コラボレーションサービスを推進役として用いる
  • 固定回線/モバイル通信ネットワークサービスの相互連携

定義

  • 呼制御方式
    • 公共回線向け呼制御方式
    • 専用線向け呼制御方式
    • ホステッド式呼制御方式
  • 接続 (コネクション) サービス
    • TDM (時分割多重化) 音声通話サービス
    • IP電話 (IP音声通話) サービス
    • オンプレミスIP電話設備

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: CEMA40940716

The landscape of voice platforms and services used by Western European businesses is in a process of transition. This IDC study provides an overview of adoption trends in business voice services and platforms in Western Europe and offers two kinds of metric for assessing the pace of change. The first looks at end-user licenses or extensions in use, and the other looks at revenue for voice connectivity services and IP voice equipment.The document contains a 2015-2020 forecast for Western Europe by the type of business fixed voice licenses/extensions and another forecast by business voice services revenue and on-premises IP voice equipment revenue. It closes with IDC's vision of the Western European market in 2020 and with recommendations for CSPs."Business voice platforms have a fairly long lifecycle, and changes are taking place gradually. CSPs must therefore take into account where the platforms and services market landscape is going to be in 2020, because this is already shaping their customers' decisions. For business voice communication services providers, 2020 is just around the corner." - Program Manager Michael Vorisek, IDC CEMA.

IDC Opinion

In This Study

Situation Overview

Future Outlook

Essential Guidance

  • View Yourself Primarily as an IP Voice Services Provider
  • Assist Customers in Migrating Toward IP Voice
  • Do Not Sell Voice, Sell Communications and Collaboration
  • Use Third-Party Cloud Collaboration Services as a Driver
  • Federate Services Across Fixed and Mobile Networks

Definitions

  • Call Control View
    • Public Network Based Call Control
    • Premises-Based Call Control
    • Hosted Call Control
  • Connection View
    • TDM Voice Services
    • IP Voice Services
    • On-Premises IP Voice Equipment

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis
Back to Top