無料レポート プレゼントキャンペーン 実施中 : メールサービスに新規登録いただいた方にご用意した無料レポートをご提供

株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

国内ストレージサービス市場予測、2018年〜2022年

発行 IDC 商品コード 341143
出版日 ページ情報 和文 12 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内ストレージサービス市場予測、2018年〜2022年 Japan Storage Services 2018-2022 Forecast
出版日: 2018年10月25日 ページ情報: 和文 12 Pages
概要

「デジタル化によってビジネス環境は変化が速まっており、対応するITシステムにも迅速性が求められるようになった。また、企業間のデータ連携も進むため、システムの可用性要求も高まっている。これらはストレージインフラ改革の必要性を促し、ストレージサービス需要を拡大する。今後はAI技術がサービス提供の各段階に応用されストレージ運用の自動化、自律化を進めるであろう」と、IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介氏は分析しています。

当レポートでは、国内ストレージサービス市場を「コンサルティング」「導入/構築サービス」「管理/運用サービス」の3つのカテゴリーからなるプロフェッショナルサービスと、製品の維持メンテナンスを行う「保守サービス」に分類し、2017年の売上額実績と市場動向に基づいて、2018年〜2022年の市場予測を行っています。

List of Attachments

IDC Market Forecast Figure

エグゼクティブサマリー

ITサプライヤーへの提言

市場予測

  • 国内ストレージサービス市場の予測

市場の変化

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • デジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるためのITインフラ革新の進捗
      • ビジネスの迅速性や無停止の要求の高まり
    • 阻害要因
      • ソフトウェア/AI技術の進化による導入/構築/保守作業の省力化、自動化
      • クラウドサービスの利用拡大
  • 市場動向ハイライト
  • 前回予測からの変更

市場定義

調査方法

関連調査

Back to Top