表紙
市場調査レポート

エンタープライズモビリティ:「三次元評価」の内容に関する考察 - IoT導入計画のモデル

Enterprise Mobility: Thinking Inside the Cube - A Model for IoT Planning

発行 IDC 商品コード 332708
出版日 ページ情報 英文 15 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.50円で換算しております。
Back to Top
エンタープライズモビリティ:「三次元評価」の内容に関する考察 - IoT導入計画のモデル Enterprise Mobility: Thinking Inside the Cube - A Model for IoT Planning
出版日: 2015年06月10日 ページ情報: 英文 15 Pages
概要

IoT (モノのインターネット) の概念は複雑であり、その効果を評価するに当たっては、各々の利害関係者の意図・能力などを考慮に入れる必要があります。そうした要素を適確かつ総合的に評価できるような尺度を最初に設定しておいた方が、IoTシステム導入の成功につながるでしょう。

当レポートでは、各企業がIoTの導入計画を立案する際に、必要事項や特性、成果などを見積もるための三次元的な評価手法である「IoT cube」について解説し、具体的な評価項目の概略や、各項目の相互関係、各企業のCIO (情報担当役員) がこの評価基準の活用により得られる効果などについて説明しております。

IDCの見解

調査概要

  • ITエグゼクティブ向け調査計画の検討事項 (IT Executive Program Research Agenda)

概況

  • 2つの座標軸を構成している、6つの要素
    • メーカー側:IoTの供給サイド
      • アーキテクチャ
        • エンドポイント
        • スマート・ゲートウェイ
        • クラウド
      • 機能
        • 制御
        • 通信
        • コンピューティング
      • プラットフォームの諸要素
        • ハードウェア
        • ソフトウェア
        • プロトコル
    • ユーザー側:IoTの需要サイド
      • 成果
        • 成長
        • 最適化
        • 快適性
      • 運用方法
        • 事前設定
        • 維持
        • 更新
      • サービス
        • 品質
        • インターフェース
        • コンテキスト
  • 構成要素 (コンポーネント) の相互関係
  • 調和の達成
  • 「IoT Cube」:IoTに関する三次元評価の基準

将来の展望

IDCの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 要約

図表一覧

目次
Product Code: 256560

This IDC study presents a model for facilitating strategic planning discussions about designing and deploying an IoT system. CIOs can use the IoT system model - the IoT cube - to guide their thinking during strategic planning sessions. The cube may also be used as a means to frame any IoT conversation, among colleagues in the C-suite or across the organization, to keep resulting objectives congruent.

This study shows how a system model can help CIOs specify the requirement of an IoT system and how ecosystem stakeholders may be identified and differentiated based on those requirements.

Referring to the IoT cube will help CIOs:

  • Specify the critical requirements of their IoT system
  • Identify partners that are stakeholders in the IoT ecosystem and that could address the critical requirements
  • Ensure the resulting IoT system does in fact provide the intended insight

"The IoT is a complex concept requiring an ecosystem of stakeholders that are offering a wide span of capabilities and seeking varying objectives. Modelling this ecosystem dynamic is a crucial first step in the successful deployment of an IoT system," says Adib Carl Ghubril, adjunct analyst with IDC's Research Network.

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

  • IT Executive Program Research Agenda

Situation Overview

  • Six Factors Forming Two 3D Grids
    • Makers: The Supply Side of the IoT
      • Architecture
        • Endpoints
        • Smart Gateway
        • Cloud
      • Function
        • Controlling
        • Communicating
        • Computing
      • Platform Elements
        • Hardware
        • Software
        • Protocol
    • Users: The Demand Side of the IoT
      • Outcome
        • Growth
        • Optimization
        • Well-Being
      • Operation
        • Provisioning
        • Maintaining
        • Upgrading
      • Service
        • Quality
        • Interface
        • Context
  • Components in Concert
  • Achieving Congruence
  • IoT Cube

Future Outlook

Essential Guidance

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Figures

  • Figure: IT Executive Program Research Agenda Themes
  • Figure: IoT System Dimensions
  • Figure: IoT System Objectives and Related Functions
  • Figure: IoT System Maker Components
  • Figure: Demand-Side IoT System Components
  • Figure: IoT System Factors and Components
  • Figure: IoT System Components and Linkages
  • Figure: IoT Cube
Back to Top