表紙
市場調査レポート

アジア太平洋地域 (日本以外) のIoT (モノのインターネット) 市場の予測と分析 (2014〜2020年)

Asia Pacific (Excluding Japan) Internet of Things Forecast and Analysis 2014-2020

発行 IDC 商品コード 329412
出版日 ページ情報 英文 31 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.51円で換算しております。
Back to Top
アジア太平洋地域 (日本以外) のIoT (モノのインターネット) 市場の予測と分析 (2014〜2020年) Asia Pacific (Excluding Japan) Internet of Things Forecast and Analysis 2014-2020
出版日: 2015年04月29日 ページ情報: 英文 31 Pages
概要

日本以外のアジア太平洋地域諸国 (APEJ) におけるIoT (モノのインターネット) の市場機会は、産業・部門を問わず、非常に広く深くなっています。市場はまだ成熟化しておらず、特に政府・消費者・産業向け市場には巨大な市場機会が存在してます。産業・インフラ部門がIoTの早期導入者となるため、消費者向けIoTは分析期間の後半 (2014〜2020年) になって巨大な市場機会を得る見通しです。

当レポートでは、アジア太平洋地域 (日本以外) におけるIoT市場の動向について分析し、全体的な設置ベースや市場収益額、将来の市場動向の見通し (今後7年間分)、国別および技術項目別 (コネクティビティ、インフラ、専用IoTプラットフォーム、アプリケーション、セキュリティ、アナリティクス、ストレージ、サーバ、サービス等) の詳細動向などを調査・推計しております。

IDCの見解

調査概要

  • 製品分類および調査手法

概況

  • IoTにおける通信オペレーターの役割
    • 産業用IoT

将来の展望

  • 市場予測の前提条件
    • 前提条件
    • APEJのIoT設置ベースの予測
  • 市場の背景

IDCの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 要約

表の一覧

  • アジア太平洋地域諸国 (日本以外) の為替レート (通算11年間分)
  • 市場予測の3つの大きな前提条件
  • アジア太平洋地域のIoT市場:予測の主な前提条件
  • アジア太平洋地域 (日本以外) のIoTの設置ベース:地域別 (今後8年間分)
  • アジア太平洋地域 (日本以外) のIoTの市場収益額:地域別 (今後8年間分)
  • アジア太平洋地域 (日本以外) のIoTの市場収益額:技術別 (今後8年間分)

図の一覧

  • IDCによるAPEJの分類方法
  • IDCによるAPEJのデバイス市場の区分
  • IDCによる世界の基本産業分類
  • APEJの市場収益額:産業別、今後8年間分
目次
Product Code: AP251016

This IDC study analyzes the Internet of Things (IoT) Asia/Pacific (excluding Japan) market, and provides the IDC's first forecast for the region for IoT installed base and revenue opportunity by technology segment as well as by country. The IoT ecosystem revenue includes connectivity, infrastructure, purpose-built IoT platforms, applications, security, analytics, storage, servers, and services attributable to the base of installed IoT systems. "The opportunities presented by IoT across Asia/Pacific (excluding Japan) are broad and deep across all major primary verticals including consumer, government, energy and resources, health care, manufacturing, and transportation," said Bill Rojas, adjunct research director, IDC Asia Pacific. "We are still in the early stages of maturation and IoT represents an exciting opportunity in government, consumer, and industrial/enterprise environments. Consumer will become a significant opportunity in the latter half of the forecast period as industrial and infrastructure IoT will be the early adopters," he added.

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

  • Taxonomy and Methodology

Situation Overview

  • The Role of the Telecom Operators in IoT
    • Industrial IoT

Future Outlook

  • Forecast and Assumptions
    • Assumptions
    • APEJ Internet of Things Installed Base Forecast
  • Market Context

Essential Guidance

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Tables

  • Table: Asia/Pacific (Excluding Japan) Exchange Rates, 2010-2020
  • Table: Top 3 Assumptions for the APEJ Internet of Things Forecast and Analysis, 2014-2020
  • Table: Key Forecast Assumptions for the Asia/Pacific IoT Market, 2014-2020
  • Table: Asia/Pacific (Excluding Japan) Internet of Things Superset+Subset Install Base in (000s) by Region, 2013-2020
  • Table: Asia/Pacific (Excluding Japan) Internet of Things Superset+Subset Revenue in US$ M by Region, 2013-2020
  • Table: Asia/Pacific (Excluding Japan) Internet of Things Superset+Subset Revenue by Technology in US$M, 2013-2020

List of Figures

  • Figure: IDC APEJ Taxonomy
  • Figure: IDC APEJ Device Segmentation
  • Figure: IDC Worldwide Primary Verticals
  • Figure: APEJ Revenue by Vertical Sectors US$M, 2013-2020
Back to Top