表紙
市場調査レポート

アジア太平洋地域 (日本以外) のパブリックITクラウドサービス市場の予測 (2014〜2018年)

Asia/Pacific (Excluding Japan) Public IT Cloud Services 2014-2018 Forecast

発行 IDC 商品コード 328247
出版日 ページ情報 英文 26 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.51円で換算しております。
Back to Top
アジア太平洋地域 (日本以外) のパブリックITクラウドサービス市場の予測 (2014〜2018年) Asia/Pacific (Excluding Japan) Public IT Cloud Services 2014-2018 Forecast
出版日: 2015年04月07日 ページ情報: 英文 26 Pages
概要

アジア太平洋地域 (日本以外) のパブリックITクラウドサービス市場は、2014年には32億米ドルの規模に達し、さらに2018年には70億米ドルにまで成長する、と推計されています。国別に見ると、2014年の段階ではオーストラリアがITクラウド支出額の31%を占めて、最大の市場となっていますが、2018年には26%にまで低下し、中国に取って代わられる見通しです。国ごとにサービス利用・消費パターンが異なり、域内市場は細分化が進んだ状態にありますが、地域全体で見ると、クラウドサービス支出額のうち50%がSaaSが占め、IaaS (44%) がそれに続いています。また、各部門の2014〜2018年の年平均成長率 (CAGR) は、PaaSが38.8%、クラウドストレージサービスが31.5%と予想されており、両部門の今後の急速な成長が予期されています。

当レポートでは、日本を除くアジア太平洋地域諸国 (APEJ) におけるパブリックITクラウドサービス市場について分析し、全体的な市場構造・サービス展開方式や将来的な変化の見通し、市場規模の動向予測 (今後5年間分)、カテゴリー別 (全5種類)・国別 (全14ヶ国) の詳細動向などを調査・推計しております。

IDCの見解

調査概要

  • 調査手法

概況

  • ITクラウドサービスのカテゴリー

将来の展望

  • 「第三のプラットフォーム」の"イノベーションの段階"が、クラウドの価値を劇的に増加させる
  • クラウドサービス需要の拡大につながる、市場のその他の動き (今後5年間分)
  • 市場予測の前提条件
  • 市場の背景

IDCの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 要約

表の一覧

  • 予測分析チームのリーダー
  • クラウドサービスの主な特徴
  • ITクラウドサービスの分類法
  • 市場予測の3つの大きな前提条件
  • 全世界/各地域のパブリックITクラウドサービス市場:予測の主な前提条件
  • アジア太平洋地域 (日本以外) のパブリッククラウドサービス:市場規模の予測 (金額ベース、今後6年間分)

図の一覧

  • クラウドサービスの導入モデル
  • クラウドサービスの展開モデル
目次
Product Code: AP250883

This IDC study forecasts spending growth in APEJ for public IT cloud services through 2018, segmented by five functional categories within 14 regions/countries. Among the key findings are that public IT cloud services spending reached $3.2 billion in 2014 and is expected to total over $7.0 billion in 2018, with a compound annual growth rate (CAGR) of 21.7%. Australia accounted for 31% of IT cloud services spending in 2014, but the Australia share will drop to 26% by 2018. The China market will have outpaced Australia during 2017, reaching 28% of the total public cloud services market in 2018.

Chris Morris, associate VP, Cloud Services in APEJ, stated that "the cloud market in APEJ remains very fragmented - different countries have very different adoption and service consumption patterns - with different growth rates for different cloud categories in different countries." In 2014, software as a service (SaaS) accounts for 50% of 2014 cloud services spending, with infrastructure as a service (IaaS) accounting for 44%. Platform as a service (PaaS) and cloud storage services will be the fastest-growing categories with 2014-2018 CAGRs of 38.8% and 31.5%, respectively.

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

  • Methodology

Situation Overview

  • IT Cloud Services Categories

Future Outlook

  • The 3rd Platform's "Innovation Stage" Will Dramatically Increase the Cloud's Value
  • Other Key Developments Driving Cloud Services Demand in 2014-2018
  • Forecast and Assumptions
  • Market Context

Essential Guidance

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Tables

  • Table: APEJ Public IT Cloud Services Forecast Team Leaders
  • Table: Key Cloud Services Attributes
  • Table: IDC IT Cloud Services Taxonomy
  • Table: Top 3 Assumptions for the Worldwide and Regional Public IT Cloud Services Market, 2014-2018
  • Table: Key Forecast Assumptions for the Worldwide and Regional Public IT Cloud Services Market, 2014-2018
  • Table: Forecast for APEJ Public Cloud Services 2013-2018 (US$M)

List of Figures

  • Figure: IDC Cloud Services Deployment Models
  • Figure: IDC Cloud Services Deployment Models
Back to Top