表紙
市場調査レポート

「ビジネス2.0」の構築:SDN(ソフトウェア定義ネットワーキング)による、アジア太平洋地域(日本以外)でのデータセンター/企業ネットワーク市場の活性化

Building Business 2.0: Datacenter and Enterprise Networks in Asia/Pacific (Excluding Japan) Are Gearing Up to Benefit from Software-Defined Networking

発行 IDC 商品コード 323635
出版日 ページ情報 英文 17 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=104.18円で換算しております。
Back to Top
「ビジネス2.0」の構築:SDN(ソフトウェア定義ネットワーキング)による、アジア太平洋地域(日本以外)でのデータセンター/企業ネットワーク市場の活性化 Building Business 2.0: Datacenter and Enterprise Networks in Asia/Pacific (Excluding Japan) Are Gearing Up to Benefit from Software-Defined Networking
出版日: 2015年01月29日 ページ情報: 英文 17 Pages
概要

ソフトウェア定義ネットワーキング(以下SDN)はまだ誕生したばかりですが、大手企業が新製品・新技術を追加投入しているため、顧客側ではどの製品を買うかだけでなく、自社のデータセンター・ネットワークをどのように設計・構築して、アプリケーション・ワークロードを支えればいいのか、色々と選択できることになります。仮想化やクラウドコンピューティングの動きもこの流れを加速化しています。ベンダー側としては、顧客にSDN上でのシステム構築方法を教える必要があるでしょう。

当レポートでは、日本を除くアジア太平洋地域諸国におけるSDN(ソフトウェア定義ネットワーキング)市場の最新動向と将来展望について分析し、SDNの概略や近年の急速な進化、アジア太平洋地域(日本以外)のSDN市場の動向見通し、ベンダー側・ユーザー企業側の双方への提言、といった内容を取りまとめてお届けいたします。

IDCの見解

調査概要

概況

  • 今日のデータセンター・ネットワークの課題
  • 技術概要
    • SDN(ソフトウェア定義ネットワーキング)
      • SDNのレイヤー
        • ネットワーク・インフラ
        • SDNコントローラー
        • SDNアプリケーション
        • オーケストレーション、クラウド管理
      • SDNの使用事例
      • SDNエコシステム内部の企業
  • IDCによるSDNの分類
    • IDCによるSDNレイヤーの定義
      • 分類上の課題:何が含まれ、何が含まれないのか

将来の展望

  • 市場予測
  • SDNの課題と機会:ベンダー向け・顧客向け提言

IDCの提言

  • ■参考資料
  • 関連調査
  • 要約

表の一覧

  • SDN(ソフトウェア定義ネットワーキング)のレイヤー
  • SDNエコシステム内部の企業
  • IDCによるSDNレイヤーの定義
  • アジア太平洋地域(日本以外)のSDN市場の収益額予測値(今後6年間分)
  • アジア太平洋地域(日本以外)のSDN市場の収益額予測値:部門別(今後6年間分)

図の一覧

  • 典型的なデータセンターSDNアーキテクチャ
  • アジア太平洋地域(日本以外)のSDN収益額(今後6年間分)
  • アジア太平洋地域(日本以外)のSDN収益額:部門別シェア(今後6年間分)
目次
Product Code: AP250878

This IDC study highlights the rapidly emerging software-defined networking (SDN) market and its associated ecosystem in Asia/Pacific (excluding Japan). As SDN start-ups and other market leaders bring additional products and SDN technologies to market, customers will have more choices not only in what products they purchase but also in how they design and build their datacenter networks to support application workloads.

"Virtualization and cloud computing will boost the innovation drive in network architecture and operations and SDN is a response to that. As Asia/Pacific enterprises start embracing it, vendors in the ecosystem need to play the pathfinder role to educate and build awareness among channels and customers in their SDN journey," says Surjyadeb Goswami, research manager, Enterprise Computing, IDC Asia/Pacific.

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

Situation Overview

  • Challenges in Today's Datacenter Network
  • Technology Overview
    • Software-Defined Networking
      • Layers of SDN
        • Network Infrastructure
        • SDN Controller
        • SDN Applications
        • Orchestration, Cloud Management
      • SDN Use Cases
      • SDN Ecosystem Players
  • IDC SDN Taxonomy
    • IDC's Definition of SDN Layers
      • Segmentation Challenges: What's Included and Excluded

Future Outlook

  • Market Forecast
  • Challenges and Opportunities with SDN: For Vendors and Customers

Essential Guidance

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Tables

  • Table: Layers of Software-Defined Networking
  • Table: SDN Ecosystem Players
  • Table: IDC's Definition of SDN Layers
  • Table: Asia/Pacific (Excluding Japan) SDN Revenue, 2013-2018
  • Table: Asia/Pacific (excluding Japan) SDN Revenue by Segment, 2013-2018 (US$M)

List of Figures

  • Figure: Typical Datacenter SDN Architecture
  • Figure: Asia/Pacific (Excluding Japan) SDN Revenue, 2013-2018
  • Figure: Asia/Pacific (Excluding Japan) SDN Revenue Share by Segment, 2018
Back to Top