市場調査レポート

世界のハイパースケール・データセンター市場統計およびサーバー容量の予測:持続的な拡大と多様化

Worldwide Hyperscale Datacenter Census and Server Inventory 2014-2018 Forecast: Build Continues and Starts to Diversify

発行 IDC 商品コード 320644
出版日 ページ情報 英文 18 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.06円で換算しております。
Back to Top
世界のハイパースケール・データセンター市場統計およびサーバー容量の予測:持続的な拡大と多様化 Worldwide Hyperscale Datacenter Census and Server Inventory 2014-2018 Forecast: Build Continues and Starts to Diversify
出版日: 2014年12月05日 ページ情報: 英文 18 Pages
概要

ハイパースケール・データセンターは「第3のプラットフォーム」の中では"工場"や"デジタルコンテンツの窓口"の役割を果たしています。それは単なるデータの置き場ではなく、各企業が新規サービスをこれまでにない規模・速度・範囲で実行しようとする際に頼りにする、戦略的な資産となっています。ハイパースケール・データセンターの運用規模の巨大さから、スケーラビリティや計算・記憶密度、コスト最適化などが、運用業者にとっての最大の悩みとなっています。

当レポートでは、全世界のハイパースケール・データセンター建設、および大規模データセンター用ハイパースケール・モジュールの市場動向見通しについて分析し、ハイパースケール・データセンターの関連設備の建造動向・設置ベース・合計処理能力の拡大見通し(共に今後5年間分)などを調査・推計しております。

IDCの見解

調査概要

  • 調査手法
  • ハイパースケール・データセンター(Hyperscale Datacenter)の定義

概況

  • 利用事例の変化に伴う、データセンターの建設・配置への影響
  • ハイパースケール・データセンターの登場

将来の展望

  • 市場予測の前提条件
  • 市場の背景

IDCの提言

参考資料

  • 関連調査
  • データセンターの定義と分類
  • 要約

表の一覧

  • ハイパースケール・データセンターの建設動向見通し(全世界、今後6年間分)
  • ハイパースケール・データセンターの建設動向見通し:床面積ベース(全世界、今後6年間分)
  • 可動済みのハイパースケール・データセンターの動向見通し(全世界、今後6年間分)
  • 可動済みのハイパースケール・データセンターの動向見通し:床面積ベース(全世界、今後6年間分)
  • 可動済みのハイパースケール・データセンターの動向見通し:部門別(全世界、今後6年間分)
  • 市場予測の3つの大きな前提条件
  • 世界のハイパースケール・データセンター建設市場:予測の主な前提条件

図の一覧

  • ハイパースケール・データセンター/モジュールの建設動向見通し(全世界、今後6年間分)
  • ハイパースケール・データセンター/モジュールの設置ベース(全世界、今後6年間分)
目次
Product Code: 252723

This IDC study provides a forecast for large hyperscale datacenters as well as the deployment of hyperscale modules within larger datacenters and microDCs through 2018. It also provides a forecast of the installed base of hyperscale server units within these different types of hyperscale DC environments. Hyperscale datacenters represent the "factories" and "digital content depots" of the 3rd Platform era. They are strategic assets that have evolved well beyond a place where the typical IT organizations keep their computers and data. Today, they represent a resource that organizations of all types rely upon to quickly introduce new services of unprecedented scale, speed, and scope. Because of the scale in which they operate, the central tenets of scalability, compute and storage density, and cost optimization are of paramount concern to hyperscale datacenter operators. These companies are quickly becoming major influencers of IT hardware and software design and delivery.

"Hyperscale datacenters are the foundation on which many of the most important mobile and analytic services in use today are built. Their role as the most concentrated source of on-demand compute and storage capacity and the largest repositories of data for developers will expand dramatically in the next five years." - Richard Villars, VP, IDC's Datacenter and Cloud.

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

  • Methodology
  • Hyperscale Datacenter Definitions

Situation Overview

  • Changing Use Cases Influence Datacenter Construction and Placement
  • Rise of the Hyperscale Datacenter

Future Outlook

  • Forecast and Assumptions
  • Market Context

Essential Guidance

Learn More

  • Related Research
  • Datacenter Definitions and Taxonomy
  • Synopsis

List of Tables

  • Table: Worldwide New Hyperscale Datacenter Builds by Segment, 2013-2018
  • Table: Worldwide New Hyperscale Datacenter Capacity by Segment, 2013-2018 (MMSF)
  • Table: Worldwide Installed Hyperscale Datacenters in Operation by Segment, 2013-2018
  • Table: Worldwide Installed Hyperscale Datacenter Capacity by Segment, 2013-2018 (MMSF)
  • Table: Worldwide Installed Servers in Hyperscale Datacenters by Segment, 2013-2018
  • Table: Top 3 Assumptions for the Worldwide Hyperscale Datacenter Census and Server Inventory Market, 2014-2018
  • Table: Key Forecast Assumptions for the Worldwide Hyperscale Datacenter Census and Server Inventory Market, 2014-2018

List of Figures

  • Figure: Worldwide New Hyperscale Datacenter and Module Capacity Built, 2013-2018
  • Figure: Worldwide Hyperscale Datacenter and Module Capacity Installed Base, 2013-2018
Back to Top