市場調査レポート

サービス管理:「第3のプラットフォーム」サービスがCIOに、革新的サービス管理戦略の遂行を促す

Service Management: 3rd Platform Services Driving CIOs to Innovative Service Management Strategies

発行 IDC 商品コード 320639
出版日 ページ情報 英文 11 Pages
即納可能
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=102.18円で換算しております。
Back to Top
サービス管理:「第3のプラットフォーム」サービスがCIOに、革新的サービス管理戦略の遂行を促す Service Management: 3rd Platform Services Driving CIOs to Innovative Service Management Strategies
出版日: 2014年12月02日 ページ情報: 英文 11 Pages
概要

現状では多くの企業のIT部門において、戦略計画や財務データ、予算、サービス管理、企業構造、PMOなどを相互にリンクさせることは非常に困難となっています。次世代型のサービス・ポートフォリオは上記の諸機能と連結する際のハブとなる存在で、雑多なIT管理機能を一体化し、サービス・ライフサイクル全体の戦略面・戦術面・経営面での管理・運用に不可欠なものとなります。

当レポートでは、「第3のプラットフォーム」の登場に伴い、各社のCIO(情報担当役員)がどのようにしてbSMA(ビジネス志向サービス管理アーキテクチャ)−−企業内部のIT組織を結合して、連続的・競争的なサービスの創出や高品質サービスの提供を実現するための手段−−の導入・積極的活用へと動くのかについて考察すると共に、そのために必要となる諸段階−−既存のサービス・ポートフォリオの再定義、IT組織のビジネス志向化、IT用BOM(部品表)のより明確な定義、「第3のプラットフォーム」導入によるクラウド・モバイル通信・ソーシャルネットワークなどとITサービスとの結合など−−に関する情報を取りまとめております。

IDCの見解

調査概要

概況

  • なぜいまbSMA(ビジネス志向サービス管理アーキテクチャ)なのか?
  • IT部門にとって自己の製品・サービスを定義するのが難しいのは何故か?
  • なぜ、サービス・ライフサイクルは一斉に動かさねばならないのか?
  • サービス・ライフサイクル管理を通じたサービス革新の実現
  • ITビジネス志向サービスの再定義
  • 次世代型ITサービス・ポートフォリオへのBOM(部品表)の組み込み
  • 新しいサービス・イノベーションのBOM

将来の展望

IDCの提言

  • 短期的予測:今後12ヶ月以内
  • 中期的予測:今後12〜24ヶ月
  • 長期的予測:今後24ヶ月以降

参考資料

  • 関連調査
  • 要約

図の一覧

  • 連携できていないIT管理機能の状態
  • IT管理機能とむすびついたビジネス志向のサービス
  • サービス・ライフサイクル管理
  • 一般的なIT用BOM(部品表)
  • 技術的サービス・「第3のプラットフォーム」サービスを含むBOMの一例
  • 「第3のプラットフォーム」を活用した、未来のIT用BOM
目次
Product Code: 252682

This IDC study explains how the 3rd Platform is driving CIOs to adopt and prioritize a business-oriented service management architecture (bSMA) that will unite the IT organization around driving continuous and competitive service innovation and high-quality service delivery. Step 1 of the bSMA requires a major overhaul of the service portfolio and catalog by redefining and focusing the IT organization around the business-oriented services that are consumed by the IT customers, along with the clear and more sophisticated definition of the IT bill of materials (BOM) that underpins the business-oriented services experienced by the customer. It is the introduction of new 3rd Platform opportunities into the service BOM that will enable a high degree of service innovation and service delivery by connecting the cloud, mobile, big data, and social networks into the service offerings.

"The bSMA will promote service innovation by enabling business-focused service life-cycle management practices to drive IT. In many IT organizations, the integration of strategic plans, financial data, budgets, service management, enterprise architecture, and the PMO are extremely difficult to link together," says Bob Multhaup, adjunct research analyst at IDC's Research Network. "The next-generation service portfolio becomes the hub to integrate the myriad of IT management instruments that are needed to manage the strategic, tactical, and operational stages of the entire service life cycle."

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

Situation Overview

  • Why a New bSMA Now?
  • Why Is It so Hard for IT to Define Its Products and Services?
  • Why Service Life Cycle Must Be Pulled Together
  • Enabling Service Innovation Through Service Life-Cycle Management
  • Redefining IT Business-Oriented Services
  • Building the BOM into the Next-Generation IT Service Portfolio
  • A New Service Innovation Bill of Materials

Future Outlook

Essential Guidance

  • Short Term: Next 12 Months
  • Near Term: 12-24 Months
  • Long Term: After 24 Months

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Figures

  • Figure: Myriad of Disconnected IT Management Instruments
  • Figure: Business-Oriented Services Connecting IT Management Instruments
  • Figure: Service Life-Cycle Management
  • Figure: Generic IT Bill of Materials
  • Figure: Sample Bill of Materials Including Technical Services and 3rd Platform Services
  • Figure: Future IT Bill of Materials Exploiting 3rd Platform
Back to Top