株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

モビリティ:取引現場での有効活用方法

Mobility: Enhancing Value at the Point of Transaction

発行 IDC 商品コード 310097
出版日 ページ情報 英文 11 Pages
即納可能
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
モビリティ:取引現場での有効活用方法 Mobility: Enhancing Value at the Point of Transaction
出版日: 2014年08月08日 ページ情報: 英文 11 Pages

当商品の販売は、2016年10月03日を持ちまして終了しました。

概要

サービス取引現場(Point of Service Tranaction)では、2種類の当事者(サービス提供側とユーザー側)が邂逅して、ITサービスの使用(トランザクション)と価値創出が行われます。また、ITサービスを可視化・理解し、その効果を測る良い機会でもあります。今後のシステム改善・企業価値拡大のためには、この段階でのユーザー側の動機や効果、技術進歩の現状・方向性などを把握する必要があります。ユーザー側にストレスを感じさせないインターフェースの設計が、今後のサービス提供・価値創出のあるべき姿と言えるでしょう。

当レポートでは、サービス取引現場におけるITサービス推進のための、モビリティ技術の促進方法について分析し、ユーザー側のサービス利用動機や、実際の利用効果(に対する評価)、最新のモビリティ技術の概要と普及戦略・構想、今後期待される効果、目下取り組むべき課題などについて考察しております。

IDCの見解

調査概要

  • ITエグゼクティブ向け調査計画の検討事項

概況

  • 企業向けモビリティ・サービス
  • エンドユーザー側の動機
  • パーベイシブ・コンピューティング (Pervasive Computing)
  • トランスペアレント・コンピューティング (Transparent Computing)
  • 企業側の動機とモバイル・アナリティクス(モバイル通信解析)
  • 結論

将来の展望

IDCの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 要約

表の一覧

  • ITエグゼクティブ向け調査計画の検討事項
  • 文脈解析で用いられる一般的用語
  • トランスペアレント・コンピューティングを推進させる4種類のインターフェース技術

図の一覧

  • ユーザー側の動機・意志の決定要因
  • エンドユーザーの動機決定のための、文脈認識機能の活用
目次
Product Code: 250237

This IDC study examines the point of service transaction - where the enterprise and the customer meet. In two previous studies, IDC focused on the view of the enterprise mobility service from the end-user perspective and, conversely, the view out toward the consumer of services from the enterprise's perspective. The two views meet at the point of service transaction - the point where value is offered and exchanged by each party. It is also a point in the architecture that can be easily seen, understood, and measured. Hence further focus to understand the motivations, occurrences, and technological developments is warranted. In doing so, we develop insights and actions for improving system usage and growing enterprise value.

"Value is exchanged when end users transact with enterprise services," says Jim Womack, adjunct analyst with IDC's Research Network. "The best way to enhance enterprise value is then to design that interface to be effortless and fun to use - and useful too."

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

  • IT Executive Program Research Agenda

Situation Overview

  • Enterprise Mobility Services
  • End-User Motivations
  • Pervasive Computing
  • Transparent Computing
  • Enterprise Motivation and Mobile Analytics
  • Conclusion

Future Outlook

Essential Guidance

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Tables

  • Table: IT Executive Program Research Agenda Themes
  • Table: Common Terms Used for Contextual Analysis
  • Table: IDC's Four Core Sets of Interface Technologies Driving Transparent Computing

List of Figures

  • Figure: Components Involved in Determining User Motivation and Intention
  • Figure: The Utilization of Contextual Awareness to Determining End Users' Motivations
Back to Top