市場調査レポート

モビリティ:エンタープライズ・サービスに対する消費者側の見解

Mobility: The Enterprise Consumer's Perspective

発行 IDC 商品コード 306131
出版日 ページ情報 英文 13 Pages
即納可能
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
モビリティ:エンタープライズ・サービスに対する消費者側の見解 Mobility: The Enterprise Consumer's Perspective
出版日: 2014年06月17日 ページ情報: 英文 13 Pages

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

エンタープライズ(大企業向け)モビリティの成否は、企業とサービス利用者との間の「経路」の状態にかかっています。「経路」はつねに、利用可能で信頼性が高く、使いやすいインターフェースを備えており、エンドユーザーのサービス利用動機を高めるものである必要があります。

当レポートでは、各種企業のCIO(情報担当役員)やITチームがコスト効率的でアジャイルな企業向けモバイル通信アーキテクチャーを構築し、それをエンドユーザー側の動機に合うような方向で調整できるようにするための枠組み・手法について分析し、サービス消費者・企業間のトランザクションに必要な「経路」やその要素の定義・特徴や、消費者側の詳細な動機、企業側のコントロールが最も必要な要素、今後の市場機会の拡大に必要な物事などについて考察しております。

IDCの見解

調査概要

  • ITエグゼクティブ・プログラムの研究項目

概況

  • 効果的なエンタープライズ・モビリティの基礎
  • トランザクションの地点
  • 消費者と企業の間の「レンズ」
  • 「レンズ」上での消費者の体験
  • 企業側の制御点
  • ユーザー側の動機
  • 行動のためのフレームワーク
  • 垂直統合
  • 結論

将来の展望

IDCの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 要約

表の一覧

  • ITエグゼクティブ・プログラムの研究項目の一覧表
  • ITサービスの消費者から企業までの間にある諸要素の種類
  • 消費者・企業間の「経路」上にある諸問題
  • 企業による性能向上の方法
  • ユーザー側の動機と、性能低下に対する許容度
  • 低性能の「経路」に対する許容度

図の一覧

  • 消費者と企業の間の経路
  • ネットワーク要素による概念上の「レンズ」
目次
Product Code: 249297

This IDC study helps develop a framework that enables the CIO and IT team to develop a cost-effective, agile mobile enterprise architecture by matching it to the end user's motivations. To get to that framework, the study:

  • Defines the most important point in the transaction between the consumer of services and the enterprise
  • Models the end-to-end pathway and studies each element's characteristics
  • Details consumer motivations and characteristics that need most control

The study provides a clear view to enterprise service from the consumers' perspective and an understanding that satisfying consumers' motivations enables the enterprise to retain consumer loyalty and later offer consumers new services. This provides the CIO and IT team the ability to extend and defend the core business while capturing new market opportunities against competitors and allow new services to be created to keep up with market demand.

"The success of enterprise mobility hinges on the state of the pathway between the enterprise and the consumer of its services," says Jim Womack, adjunct research advisor with IDC's Research Network. "Must it always be available, reliable, and with an interface that the 'user' finds appealing? That largely depends on the end user's motivation for using that service."

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

  • IT Executive Program Research Agenda

Situation Overview

  • The Foundations of Successful Enterprise Mobility
  • Point of Transaction
  • The Lens
  • Consumer Experience of the Lens
  • Enterprise Control Points
  • User Motivation
  • Framework for Action
  • Vertical Integration
  • Conclusions

Future Outlook

Essential Guidance

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Tables

  • Table: IT Executive Program Research Agenda Themes
  • Table: Types of Elements Along the Pathway Between the Consumer of Services and the Enterprise
  • Table: Problems in the Consumer-to-Enterprise Pathway
  • Table: How Enterprise Can Influence Performance
  • Table: User Motivation and Performance Loss Tolerances
  • Table: Tolerance for Low-Performance Levels of Pathway Elements

List of Figures

  • Figure: Pathway from End User to Enterprise
  • Figure: Conceptual Lens Created by Network Elements
Back to Top