市場調査レポート

フラッシュ最適化ストレージアーキテクチャ

Flash-Optimized Storage Architectures

発行 IDC 商品コード 306130
出版日 ページ情報 英文 11 Pages
即納可能
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
フラッシュ最適化ストレージアーキテクチャ Flash-Optimized Storage Architectures
出版日: 2014年06月19日 ページ情報: 英文 11 Pages

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

世界のIT市場は現在、従来型のストレージ・アーキテクチャーから、フラッシュの存在を前提として構築されたフラッシュ最適化アーキテクチャーへの移行過程にあります。

当レポートでは、フラッシュアレイ・ストレージ市場の技術的特性について分析し、製品・市場の定義や特性、求められている技術的要件、主な導入事例、今後の市場・技術の方向性、関係者への提言などの情報をお届けします。

IDCの見解

調査概要

  • 調査手法

概況

  • フラッシュ最適化ストレージアーキテクチャ
    • 高水準かつ予測可能な性能を支える諸機能
    • メディア普及を促す諸機能
    • キャッシング/階層化
  • フラッシュ最適化アレイに対する企業の要件
    • 弾力性、可用性、拡張性
    • エンタープライズ・クラスのデータサービス
    • インテグレーション
  • 導入モデルと利用事例

将来の展望

IDCの提言

参考資料

  • 関連調査
  • 要約

図の一覧

  • 各種アプリケーション・ネットワークにおける圧縮率・重複排除率
目次
Product Code: 249295

This IDC study is a technology assessment of the evolving flash array market, which is in the midst of a transition from traditional storage architectures to flash-optimized architectures that have specifically been built with flash in mind. This study provides a definition of flash-optimized architectures, discussing a set of "best of breed" features that IT practitioners can use when evaluating upcoming flash array purchases. Storage vendors can also use this list as an input to their product planning processes going forward.

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

Situation Overview

  • Flash-Optimized Storage Architectures
    • Features Supporting High and Predictable Performance
    • Features Supporting Media Endurance
    • Caching/Tiering
  • Enterprise Requirements for Flash-Optimized Arrays
    • Resiliency, Availability, and Scalability
    • Enterprise-Class Data Services
    • Integration
  • Deployment Models and Use Cases

Future Outlook

Essential Guidance

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Figures

  • Figure: Compression and Deduplication Ratios Across Different Application Workloads
Back to Top