市場調査レポート

企業の付加価値コンテンツ利用法

How Organizations Are Using Value-Added Content

発行 IDC 商品コード 305238
出版日 ページ情報 英文 20 Pages
即納可能
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
Back to Top
企業の付加価値コンテンツ利用法 How Organizations Are Using Value-Added Content
出版日: 2014年06月03日 ページ情報: 英文 20 Pages

当商品の販売は、2016年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

ソーシャルメディア、ブログ、ウェブ決済、産業データおよびその他の多くの種類のデータが集められ、顧客、製品および市場の理解を必要とする企業に販売されています。収集されるデータや情報は多様で、毎日増え続けています。鉄道交通から加入者の視聴習慣に至るまで、データ/情報の収益化を学ぶ企業の多くは、組み合わせたデータ・サービスの活用に役立てるため、コンテンツ分析・強化をデータならびにダッシュボードと結びつけています。

当レポートでは、新しい付加価値コンテンツ(VAC)市場について取り上げ、企業におけるVACの普及とその重要性を分析しており、企業におけるVACの利用動向、データの利用法およびデータの出所などに関する調査結果をまとめ、お届けいたします。

IDCの見解

調査概要

  • 調査手法

概況

将来の展望

IDCの提言

  • コンテンツ消費者へ
  • コンテンツプロバイダーへ

参考資料

  • 関連調査
  • 要約

表の一覧

  • 企業の主要ビジネス
  • 企業におけるフルタイム従業員数
  • サードパーティーのデータ可用性・利用
  • サードパーティーデータサプライヤー
  • データ抽出サプライヤー/技術

図の一覧

  • 現在・計画中のサードパーティーデータ利用
  • 企業の主要ビジネス
  • 企業におけるフルタイム従業員数
  • サードパーティーデータを利用したアプリケーション
  • サードパーティーデータへのアクセスの容易性
  • データハーベスティング/オープンデータ収集
  • 収集データのタイプ
  • オープンデータ収集ツール
  • データ抽出サプライヤー/技術
  • ライセンシング・サードパーティーデータ利用のための企業戦略
目次
Product Code: 248923

This IDC study discusses the emerging value-added content (VAC) market. Social media, blog posts, Web transactions, industrial data, and many other types of data are being aggregated, curated, enhanced, and sold to organizations hungry to understand their customers, products, and the markets in which they exist. The types and diversity of data and information being collected are widespread and growing every day. Existing organizations are learning to monetize their data/information, ranging from rail transport data to subscriber viewing habits. Many of these companies are combining content analytics and enrichment with the data as well as dashboards to help make use of the combined data and service. To determine the pervasiveness of value-added content and its importance within the enterprise, we conducted a survey about the use of valued-added content, and we asked survey respondents a series of questions about how they were using this data and where the data was coming from.

"This survey data shows that organizations are licensing and collecting third-party data for use within their operational and big data applications," said Dave Schubmehl, research director for IDC's Search and Content Analytics. "While organizations are clearly starting to use third-party data to help accelerate understanding and decision making, organizations need to examine all of their operations to see where they can derive the most benefit with it."

Table of Contents

IDC Opinion

In This Study

  • Methodology

Situation Overview

Future Outlook

Essential Guidance

  • For Content Consumers
  • For Content Providers

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis

List of Tables

  • Table: Organization's Primary Business
  • Table: Number of Full-Time Employees in Organization
  • Table: Third-Party Data Availability and Usage
  • Table: Third-Party Data Suppliers
  • Table: Data Extraction Suppliers/Technologies

List of Figures

  • Figure: Current and Planned Use of Third-Party Data
  • Figure: Organization's Primary Business
  • Figure: Number of Full-Time Employees in Organization
  • Figure: Applications Using Third-Party Data
  • Figure: Ease of Access to Third-Party Data
  • Figure: Data Harvesting/Open Data Collection
  • Figure: Types of Data Collected
  • Figure: Open Data Collection Sources
  • Figure: Data Extraction Suppliers/Technologies
  • Figure: Organization's Strategy for Licensing and Using Third-Party Data
Back to Top