株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

国内情報セキュリティ市場予測アップデート、2019年~2023年

発行 IDC 商品コード 265462
出版日 ページ情報 和文 28 Pages
即納可能
価格
Back to Top
国内情報セキュリティ市場予測アップデート、2019年~2023年
出版日: 2019年12月11日 ページ情報: 和文 28 Pages
概要

2020年の東京オリンピック/パラリンピックではサイバー攻撃の増加が見込まれています。サイバー攻撃は高度化が進み、検知されにくい攻撃手法が開発されており、未公表の脆弱性を突くゼロデイ攻撃や未知の脅威に対するセキュリティ対策も高度な分析が必要になっています。しかし、セキュリティ専門技術者の人材不足で、サイバー攻撃によって発生するセキュリティインシデントへの対応が難しくなっており、重大なインシデントを見逃す恐れも生じています。「製品サプライヤーやサービスプロバイダーは、セキュリティ運用の自動化を可能にするセキュリティオーケストレーション/オートメーション製品と連携したサイバーセキュリティソリューションを訴求すべきである。これによって、高度化するサイバー攻撃で生じる重大なセキュリティインシデントの見逃しを防ぐと共に、人材不足となっているセキュリティ専門技術者の負荷を軽減できる」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである登坂 恒夫氏は述べています。

当レポートでは、国内情報セキュリティ市場を分析し、2019年~2023年の予測を行っています。

IDC Market Forecast Figure

エグゼクティブサマリー

  • 国内情報セキュリティ市場の予測
    • 国内セキュリティソフトウェア市場
    • 国内SaaS(Software as a Service)型セキュリティソフトウェア市場
    • 国内セキュリティアプライアンス市場
    • 国内セキュリティサービス市場

ITサプライヤーへの提言

市場予測

  • 国内情報セキュリティ製品市場予測
  • 国内セキュリティソフトウェア市場
  • 国内SaaS型セキュリティソフトウェア市場
  • 国内セキュリティアプライアンス市場
  • 国内セキュリティサービス市場

市場の変化

  • 促進要因と阻害要因
    • 促進要因
      • 政府による「クラウド*バイ*デフォルト」の原則の採用
      • 改正個人情報保護法とEU一般データ保護規則の施行
      • 高度化するサイバー攻撃
    • 阻害要因
      • 情報セキュリティエキスパートの人材不足
  • 市場動向ハイライト
    • リスクベースアプローチによるサイバーセキュリティ対策の重要性
    • 「クラウド*バイ*デフォルト」でSaaS型セキュリティの需要拡大
    • セキュリティインシデントの増大と人材不足でセキュリティ運用の自動化が加速
  • 前回予測からの変更

市場定義

  • 国内情報セキュリティ市場
    • セキュリティソフトウェア市場分類
    • SaaS(Software as a Service)型セキュリティソフトウェア市場分類
    • セキュリティアプライアンス市場分類
    • セキュリティサービス市場分類
    • セキュリティコンサルティングサービスの定義
      • セキュリティコンサルティングサービスに含まれるサービス項目
    • セキュリティシステム構築サービスの定義
      • セキュリティシステム構築サービスに含まれるサービス項目
    • セキュリティシステム運用管理サービスの定義
      • マネージドセキュリティサービス
      • ホスティングセキュリティサービス
      • SaaS型セキュリティサービス
    • セキュリティ教育/トレーニングサービスの定義
      • セキュリティ教育/トレーニングサービスに含まれるサービス項目
    • 市場規模の定義
    • 為替レート

調査方法

関連調査

Back to Top