デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1045319

データエコシステム/IoT 市場の拡大に向けたTop 10 Predictions 2022

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 和文 23 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格は税抜き表示となります
データエコシステム/IoT 市場の拡大に向けたTop 10 Predictions 2022
出版日: 2022年01月07日
発行: IDC
ページ情報: 和文 23 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
概要

昨今では、企業が社内外のデータを組み合わせて新たな価値を創出すべくデータエコシステムの形成が加速していますが、ITサプライヤーはデータエコシステムを取り巻く法規制の変化、データ流通基盤技術の変化、期待されるソリューション像の変化、ステークホルダー間の関係性の変化、個人/企業の意識の変化など、さまざまな変化に対応することが必要になってきています。またIoTの観点においても、ITサプライヤーは企業の経営層の意識変革や組織変革を目的としたコンサルティングサービスや、新技術を活用したIoTユースケースの浸透に向けた啓発/マーケティング活動を強化することが重要になりつつあります。

当レポートでは、国内データエコシステム市場およびIoT市場において2022年に起きると予測する主要な10項目と、それらに対応すべくベンダーがどのようなアクションをとるべきかについてまとめています。

Executive Snapshot

  • Figure: Executive Snapshot: Japan Data Ecosystem and IoT 2022 Top 10 Predictions

市場開拓と市場動向

  • データエコシステム/IoT市場の拡大に向けたTop 10 Predictions 2022
    • Prediction 1:「社内データパイプライン」のプロセス/組織間におけるボトルネック解消に向けサービスが多様化する。
      • Figure: DX推進企業のデータ利活用における課題とは? 成熟レベル別の考察
      • Figure: DX推進企業がデータ利活用を進める過程で課題/障壁に感じるプロセスとは?
    • Prediction 2:「産業横断データパイプライン」を通じたデータ流通の実用化に向け、データ仕様の標準化やデータ価値のリッチ化に向けた取り組みが加速する。
      • Figure: データパイプラインを構成する社内パイプラインと産業横断パイプラインの概念図
    • Prediction 3:クッキーレス時代を視野に、顧客エンゲージメント最適化の取り組みと関連事業者間の協業が増加する。
      • Figure: 企業の利活用の効果が高いと考えるデータについて「1stパーティデータ」と「2nd/3rdパーティデータ」に分類した比較
    • Prediction 4:信用スコアリングデータ流通や大手金融事業者のDaaS化の広がりに伴い「オルタナティブデータ活用」への関心が大きく高まる。
    • Prediction 5:働き方改革や従業員満足度/体験の向上を目的とし、企業間で流通するデータの多様化が加速する。
      • Figure: 企業の外部流通データに対する期待:「現在」2nd/3rdパーティデータとして価値を実感しているデータと「今後」COVID-19で2nd/3rdパーティデータとしての価値が増大すると考えられるデータの比較
    • Prediction 6:改正個人情報保護法施行を機に、プライバシーテックや情報銀行支援に関わるサービスがますます増加する。
    • Prediction 7:企業は国内外の規制への対応を前提とした、プライバシー保護の体制やプロセスの整備が不可欠となる。
    • Prediction 8:COVID-19を機に、DX目的のIoTを支援すべく企業の経営層のビジョン/意識変革に向けたコンサルティング/マーケティングに対する関心が高まる。
      • Figure: 企業のIoTの取り組み対するCOVID-19の影響
      • Figure: 経営方針/企業文化の観点における企業のIoT推進に向けた課題
    • Prediction 9:ローカル5G利用の必然性を啓発する活動とベストプラクティスの積極的な公開が、免許保有事業者を中心に一段と活発化する。
      • Figure: IoT推進企業のローカル5Gに対する取り組み状況
      • Figure: IoT推進企業が「ローカル5Gの採用は未定」と回答する理由とは?
    • Prediction 10:産業別に最適化されたIoT組織コンサルティングや、IoTソフトウェア開発の内製化支援の必要性が高まる。
      • Figure: IoT主導部門の内訳(全体および産業分野別)
      • Figure: 組織構造の観点における企業のIoT推進に向けた課題

ITサプライヤーへの提言

参考資料

関連調査

Synopsis