お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1002006

国内企業のDXに向けたITサプライヤーの戦略 2021年

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 和文 17 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格は税抜き表示となります
国内企業のDXに向けたITサプライヤーの戦略 2021年
出版日: 2021年04月19日
発行: IDC
ページ情報: 和文 17 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
概要

当レポートは、国内ITサプライヤー(メガクラウドベンダー、システムインテグレーター、ハードウェアベンダー)が、国内企業ユーザーのデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みについて、どのように支援しようとしているのか、について調査し分析したものです。なお、5社のITサプライヤーにおける支援内容についてはプロフィールとして個別に掲載しています。

国内企業ユーザーの関心が、デジタルテクノロジーの導入から、それを手段とすることによるビジネスモデルの変革へと変化しています。ITサプライヤーは、その変化を捉え、情報システム部門を窓口とするテクノロジー中心のアプローチから、ビジネス部門のビジネス変革のアプローチへと変化させて対応しています。しかし、ビジネス部門の抱える課題は複雑であり、その原因を迅速に特定し解決策を提示するのは難しい。ITサプライヤーは、国内企業のビジネスユーザーに「同化(相手の組織文化を理解し同じ対象を見るレンズを持つ)」して、同じ視点からビジネス現場を観察することで、内在する複雑に絡み合った課題を直視し、真の原因を顕在化させ、これまでに蓄積してきたDX支援のノウハウを適用させることなどによって解決していく必要があります。

Executive Snapshot

  • 2021年 国内企業のDXに向けたITサプライヤーの戦略

市場開拓と市場動向

調査概要

国内企業のDXの現状

国内企業ユーザーへのDX支援におけるITサプライヤーの取り組み

  • テクノロジー中心からビジネス中心へと変化するアプローチ
  • サイロ化の解決に向けた支援内容の多様化
  • DXの停滞解消に向けたノウハウのリファレンス化の推進
  • ビジネスモデルの変革を支援するコアコンピタンスの進化

まとめ

主要サプライヤーのプロフィール

NTTデータ

  • 国内企業ユーザーの取り組みをどのように理解しているか
  • DX支援の内容は何か
  • 自社(ITサプライヤー)の強みとする領域、弱みとする領域は何か
  • DX案件において国内企業ユーザーにどのようにアプローチしているか
  • DX支援の課題と今後の目指す方向性について

Google Cloud

  • 国内企業ユーザーの取り組みをどのように理解しているか
  • DX支援の内容は何か
    • グーグルのカルチャー「5つの特徴」
  • 自社(ITサプライヤー)の強みとする領域、弱みとする領域は何か
  • DX案件において国内企業ユーザーにどのようにアプローチしているか
  • DX支援の課題と今後の目指す方向性について

シーメンス

  • 国内企業ユーザーの取り組みをどのように理解しているか
  • DX支援の内容は何か
  • 自社(ITサプライヤー)の強みとする領域、弱みとする領域は何か
  • DX案件において国内企業ユーザーにどのようにアプローチしているか
  • DX支援の課題と今後の目指す方向性について

デル・テクノロジーズ

  • 国内企業ユーザーの取り組みをどのように理解しているか
  • DX支援の内容は何か
    • Dell Techの掲げる「IT変革の4本柱」
    • (1)ITの競争力強化
    • (2)xFH(x From Home)の実現
    • (3)デジタル競争力の確立
    • (4)社会インフラの変革
  • 自社(ITサプライヤー)の強みとする領域、弱みとする領域は何か
  • DX案件において国内企業ユーザーにどのようにアプローチしているか
  • DX支援の課題と今後の目指す方向性について

パナソニック・コネクティッドソリューションズ

  • 国内企業ユーザーの取り組みをどのように理解しているか
    • パナソニックCNSの提示する「課題は製造業と共通」
  • DX支援の内容は何か
  • 自社(ITサプライヤー)の強みとする領域、弱みとする領域は何か
    • パナソニックCNSの「現場プロセスイノベーション+上位ICTシステム」
  • DX案件において国内企業ユーザーにどのようにアプローチしているか
  • DX支援の課題と今後の目指す方向性について

ITサプライヤーへの提言

  • 国内企業のビジネスユーザーに「同化」して現場を観察せよ
  • To-Beモデルへの道を物語化して浸透させよ
  • DXによる「レジリエンシー」の実現を支援せよ

参考資料

調査方法

調査対象ITサプライヤー

関連調査

Synopsis

株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.