市場調査レポート

経路分析(信号伝達)動向:2011年

Pathway Analysis (Signal Transduction) Trends 2011

発行 HTStec Ltd 商品コード 217788
出版日 ページ情報 英文 56 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.16円で換算しております。
Back to Top
経路分析(信号伝達)動向:2011年 Pathway Analysis (Signal Transduction) Trends 2011
出版日: 2011年09月01日 ページ情報: 英文 56 Pages
概要

当レポートでは、経路分析(信号伝達)の現状(2011年)と将来予測(2013年)、標的とする疾患、最も注目されている信号経路とタンパク質クラス、最重要経路、様々な研究分野における細胞信号伝達標的、経路分析調査に用いられるプラットフォーム技術などについてまとめ、概略下記の構成でお届けいたします。

  • エグゼクティブサマリー
  • 目次
  • 調査方法
  • 回答者の出身ラボ
  • 回答者の出身地域
  • 回答者の企業または組織
  • 回答者の役職
  • 回答者の主なグループ活動
  • 経路分析を調査・標的とする疾患分野
  • 最大の関心事である信号伝達経路(1)
  • 最大の関心事である信号伝達経路(2)
  • 経路分析の最大関心事であるタンパク質クラス
  • 癌の標的としての信号伝達経路に接する重要性
  • 様々な研究分野における細胞信号伝達標的
  • 経路分析調査に用いられている主なプラットフォーム技術
  • 細胞リン酸化反応の調査に用いられている主なプラットフォーム技術
  • 調査結果サマリー(1)
  • 現在の経路分析技術の主な限界
  • 経路分析研究を変換させる新たな技術
  • 経路分析のための様々な細胞タイプの使用現況
  • 経路分析のための様々な細胞タイプの将来的使用
  • 経路分析のための様々な細胞タイプしようにおける変更予定
  • 経路分析調査に用いられる幹細胞の種類
  • 経路分析調査の最重要促進因子
  • 経路分析アッセイを調査する創薬プロセスの段階
  • 信号経路データ調査、分析に用いられるインフォマティクスツール
  • 経路分析調査において好まれる実験的アプローチ
  • 経路評価調査において好まれる実験的アプローチ
  • 経路注釈調査において好まれる実験的アプローチ
  • 経路分析注釈に関心をもつグループ
  • 経路活性化測定のためのレポーター遺伝子アッセイの使用
  • 経路活性化のためのレポーター遺伝子アッセイフォーマット
  • レポーター遺伝子アッセイを用いた経路スクリーニングの主な基準
  • 経路分析評価へのレポーター遺伝子アッセイの賛成意見
  • 経路分析評価へのレポーター遺伝子アッセイの反対意見
  • 経路活性化評価におけるレポーター遺伝子アッセイの代替案
  • 調査結果サマリー(2)
  • 質量分析創薬ツールで特定されたタンパク質の使用
  • 体内RNAiによる体外経路分析アッセイの継続計画
  • 経路分析アッセイの年間予算
  • 2011年の経路分析アッセイ予算内訳
  • 経路分析アッセイ市場予測
  • 経路分析アッセイ市場予測詳細
  • 商業的アッセイを用いて行われた経路分析の比率
  • 経路分析アッセイのアウトソースへの関心
  • 経路分析アッセイ製品の最も使用されている商業的サプライヤー
  • 経路分析アッセイ製品市場のサプライヤー市場シェア
  • 経路分析(信号伝達)におけるアンメットニーズ
  • 調査結果サマリー(3)
目次

Abstract

HTStec' s Pathway Analysis (Signal Transduction) Trends 2011 report was published on 1 September 2011. This 56 page market report summarizes the results of HTStec' s industry-wide global web-based benchmarking survey on pathway analysis (signal transduction) assays in drug discovery carried out in August 2011. The study was initiated by HTStec as part of its ongoing tracking of emerging life science marketplaces. The questionnaire was compiled to meet the needs and interests of the cellular assay reagent vendor community. The main objectives of this global benchmarking study were to comprehensively document current end user opinions, practices and preferences in the pathway analysis (signal transduction) assays used in drug discovery, and to understand future requirements. The report is based on 120 responses from University Research Labs, Pharma and Biotech, mainly in North America and Europe.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Table of Contents
  • Survey Methodology
  • Lab Origin of Survey Respondents
  • Respondent' s Geographic Origin
  • Respondent' s Company or Organisational Origin
  • Respondent' s Job Role
  • Respondent' s Main Group Activity
  • Disease Areas Investigating/Targeting Pathway Analysis
  • Signal Transduction Pathways of Greatest Interest (1)
  • Signal Transduction Pathways of Greatest Interest (2)
  • Protein Classes of Greatest Interest for Pathway Analysis
  • Importance Attached to Signal Transduction Pathways as Cancer Targets
  • Main Cellular Signaling Targets in Different Research Areas
  • Main Platform Technologies Used to Investigate Pathway Analysis
  • Main Platform Technologies Used to Investigate Cellular Phosphorylation
  • Summary of Survey Findings (1)
  • Main Limitations of Current Pathway Analysis Technologies
  • New Technologies that are Transforming Pathway Analysis Research
  • Current Usage of Different Cell Types for Pathway Analysis
  • Future Usage of Different Cell Types for Pathway Analysis
  • Anticipated Change in Different Cell Type Usage for Pathway Analysis
  • Stems Cell Types Used to Investigate Pathway Analysis
  • Most Important Drivers for Investigating Pathway Analysis
  • Stages in Drug Discovery Process Investigating Pathway Analysis Assays
  • Informatics Tools Used to Investigate/Analyze Signaling Pathway Data
  • Preferred Experimental Approach to Investigate Pathway Analysis
  • Preferred Experimental Approach to Investigate Pathway Measurement
  • Preferred Experimental Approach to Pathway Annotation
  • Defined Groups of Interest in Pathway Analysis Annotation
  • Use of Reporter Gene Assays to Measure Pathway Activation
  • Preferred Format for a Reporter Gene Assay for Pathway Activation
  • Main Criteria for Screening Pathways Using a Reporter Gene Assay
  • Pros of Reporter Gene Assays to Measure Pathway Analysis
  • Cons of Reporter Gene Assays to Measure Pathway Analysis
  • Alternatives to Reporter Gene Assays to Measure Pathway Activation
  • Summary of Survey Findings (2)
  • Main Use of Proteins Identified by Mass-Spec Drug Discovery Tool
  • Plans to Follow-Up on In Vitro Pathway Analysis Assays with RNAi In Vivo
  • Annual Budget for Pathway Analysis Assays
  • Breakdown of 2011 Budget for Pathway Analysis Assays
  • Pathway Analysis Assays Market Estimate (1)
  • Pathway Analysis Assays Market Estimate (2)
  • Breakdown of Pathway Analysis Assays Market Estimate
  • Proportion of Pathway Analysis Effort Made Using Commercial Assays
  • Interest in Outsourcing Pathway Analysis Assays
  • Most Used Commercial Suppliers of Pathway Analysis Assay Products (1)
  • Most Used Commercial Suppliers of Pathway Analysis Assay Products (2)
  • Estimated Supplier Share of Pathway Analysis Assay Products Market
  • Unmet Needs in Pathway Analysis (Signal Transduction)
  • Summary of Survey Findings (3)
Back to Top