市場調査レポート

生物製剤のためのセルベースアッセイ動向:2011年

Cell-Based Assays For Biologics Trends 2011

発行 HTStec Ltd 商品コード 217776
出版日 ページ情報 英文 54 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=106.71円で換算しております。
Back to Top
生物製剤のためのセルベースアッセイ動向:2011年 Cell-Based Assays For Biologics Trends 2011
出版日: 2011年08月03日 ページ情報: 英文 54 Pages
概要

当レポートでは、創薬における生物製剤のためのバイオアッセイにおける現状とエンドユーザーの見解、将来的要件などをまとめ、概略下記の構成でお届けいたします。

  • エグゼクティブサマリー
  • 目次
  • 調査方法
  • 回答者の出身ラボ
  • 回答者の出身地域
  • 回答者の企業または組織
  • 回答者の事業分野
  • 回答者の役職
  • 回答者の主なグループ活動
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの開発/使用への関心度
  • 生物製剤のための創薬の比率
  • 生物製剤を研究/標的とする疾患領域
  • 今後3〜5年の生物製剤の最重要標的
  • 生物学的スクリーニングのための結合とセルベースアッセイの現在の使用
  • 生物学的スクリーニングのための結合とセルベースアッセイの将来的使用
  • 生物学的スクリーニングのための様々なアッセイ使用動向の変化
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの最重要促進因子
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの最大の制限因子
  • 調査結果サマリー(1)
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイワークフローへの最大の関心事
  • 回答者が生物製剤のためのセルベースアッセイを用いる生物学的指標の種類
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの最も求められるアッセイフォーマット
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイに最も用いられる検出技術
  • 生物製剤の評価に現在実施されるバイオアッセイの種類
  • ADCアッセイの生物学的候補の試験に対応するためのバイオアッセイ可能な試薬へのアクセスに対する関心
  • 生物製剤アッセイ開発のための報告者ベースアッセイの使用
  • ADCCアッセイにおける作用機序を実証する報告者ベースアッセイの適切性
  • 生物製剤のための多重アッセイへの関心
  • 384ウェルプレートにおける生物製剤バイオアッセイ実施への関心
  • セルベースアッセイを用いた生物製剤ロットリリースにおいて最も魅力ある特徴
  • ロットナンバーによるバイオアッセイキットまたはコンポーネントの購入要件
  • コンポーネントロットの入手性に関する最大のスケジュール要件
  • 生物製剤用バイオアッセイが開発/調達されるところ
  • 冷凍細胞によるバイオアッセイ調達への関心
  • 調査結果サマリー(2)
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの使用:プレート当たりのサンプル
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの使用:サンプル当たりの希釈
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの使用:サンプルまたは希釈品
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの使用:プレート当たりのコントロールウェル数
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの使用:96ウェルプレート処理数/月
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイにおける最重要パフォーマンス指標
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの年間予算
  • 2011年の生物製剤のためのセルベースアッセイ予算内訳
  • 生物製剤セルベースアッセイ市場予測
  • 生物製剤セルベースアッセイ市場予測内訳
  • 生物製剤におけるセルべースアッセイのウェル当たりの価格
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイの商業的サプライヤー
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイ市場のサプライヤーシェア
  • 生物製剤のためのセルベースアッセイにおけるアンメットニーズ
  • 調査結果サマリー(3)
目次

Abstract

HTStec' s Cell-Based Assays For Biologics Trends 2011 report was published on 3 August 2011. This 54 page market report summarizes the results of HTStec' s industry-wide global web-based benchmarking survey on cell-based assays for biologics carried out in July 2011. The study was initiated by HTStec as part of its ongoing tracking of emerging life science marketplaces. The questionnaire was compiled to meet the needs and interests of the cellular assay reagent vendor community. The main objectives were to comprehensively document current end user opinions, practices and preferences in the development of bioassays for large molecule (biologics) applications in drug discovery, and to understand future requirements. The report is based on 101 responses from University Research Labs, Pharma and Biotech, mainly in North America and Europe.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Table of Contents
  • Survey Methodology
  • Lab Origin of Survey Respondents
  • Respondent' s Geographic Origin
  • Respondent' s Company or Organisational Origin
  • Respondent' s Job Role
  • Respondent' s Main Group Activity
  • Level of Interest in Developing/Using Cell-Based Assays for Biologics
  • Proportion of Drug Discovery Efforts Directed Towards Biologics
  • Disease Areas Investigating/Targeting With Biologic Drugs
  • Most Important Targets for Biologic Drugs in Next 3-5 Years
  • Current Usage of Binding Versus Cell-Based Assays for Biologic Screening
  • Future Usage of Binding Versus Cell-Based Assays for Biologic Screening
  • Anticipated Change in Different Assay Type Usage for Biologic Screening
  • Most Important Drivers for Cell-Based Assays for Biologics
  • Biggest Limitations of Cell-Based Assays for Biologics
  • Summary of Survey Findings (1)
  • Components of Most Interest to Biologics Cell-Based Assay Workflow
  • Types of Biological Matrices Respondents are Using in Cell-Based Assays
  • Most Wanted Assay Formats/Readouts for Cell-Based Assays for Biologics
  • Detection Technologies Most Used for Cell-Based Assays for Biologics
  • Bioassay Types Currently Performed for the Evaluation of Biologics
  • Interest in Accessing Bioassay Qualified Reagents to Address Testing of Biologics Candidates in ADC Assays
  • Current Use of Reporter-Based Assays for Biologics Assay Development
  • Relevance of a Reporter-Based Assay That Demonstrates Mechanism of Action in ADCC Assays
  • Interest in Multiplexed Assays for Biologics
  • Interest in Performing Biologics Bioassays in 384-Well Plates
  • Feature that is Most Attractive for Biologics Lot Release, Using Cell-Based Assays
  • Requirement to Purchase Bioassay Kit or Component Under Lot Numbers
  • Maximum Timeline Requirements for Component Lot Availability
  • Requirement for Bioassays to be Manufactured Under GMP Conditions
  • Where Bioassays for Biologics are Developed/Sourced
  • Interest in Sourcing Bioassays with Frozen Ready-To-Use Cells
  • Summary of Survey Findings (2)
  • Use of Cell-Based Assays for Biologics - Unique Samples per Plate
  • Use of Cell-Based Assays for Biologics - Dilutions per Unique Sample
  • Use of Cell-Based Assays for Biologics - Sample or Dilution Replicates
  • Use of Cell-Based Assays for Biologics - Number Control Wells per Plate
  • Use of Cell-Based Assays for Biologics - 96-Well Plates Processed/Month
  • Most Critical Performance Parameters in Cell-Based Assays for Biologics
  • Annual Budget for Biologics Cell-Based Assays
  • Breakdown of 2011 Budget for Biologics Cell-Based Assays
  • Biologics Cell-Based Assays Market Estimate (1)
  • Biologics Cell-Based Assays Market Estimate (2)
  • Breakdown of Biologics Cell-Based Assays Market Estimate
  • Price Paid per Well for Cell-Based Assays in Biologics (1)
  • Price Paid per Well for Cell-Based Assays in Biologics (2)
  • Commercial Suppliers of Cell-Based Assays for Biologics (1)
  • Commercial Suppliers of Cell-Based Assays for Biologics (2)
  • Estimated Supplier Share of Cell-Based Assays for Biologics Market
  • Unmet Needs in the Area of Cell-Based Assays for Biologics
  • Summary of Survey Findings (3)
Back to Top