株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
市場調査レポート

自己免疫注射剤市場

Autoimmune Injectables to 2020

発行 Greystone Research Associates 商品コード 304991
出版日 ページ情報 英文
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=114.58円で換算しております。
Back to Top
自己免疫注射剤市場 Autoimmune Injectables to 2020
出版日: 2014年06月04日 ページ情報: 英文
概要

多様な疾病および疾病群の基本的な病気のメカニズムが解明されてきているにも関わらず、依然として自己免疫状態はほとんどの治療法では解決しにくく治療が困難です。自己免疫症状の発生と重篤度においては、その根底に個別の遺伝的多様性が存在するため、自己免疫治療薬の市場における地域的な多様性は非常に広範に及ぶことになります。この多様性は、治療プロトコルおよび文化的背景の違いと関わってくるため、その地域における企業とアライアンスもしくは提携関係を組むことはますます重要となってきます。過去2年間において、新たな性能が改善された自己免疫疾患治療用注射剤の市場投入は、医師と患者にとって新たな選択肢を生み出しています。

当レポートでは、世界の自己免疫注射剤市場を取り上げ、免疫調節のメカニズム、自己免疫疾患の治療に関する現状を概括し、疾病区分別に自己免疫疾患の治療方法の分析をまとめ、自己免疫注射剤の市場予測を提示するとともに、規制状況、アライアンス・パートナーシップなどの事業環境、ならびに主要企業のプロファイルをまとめるなど、概略以下の構成でお届けいたします。

エグゼクティブサマリー

疾患治療における免疫調節

  • 発展する疾患とヒトの健康のモデル
  • 疾病の発生、治療および予防における免疫反応
  • 免疫のカスケード
  • 受容体(レセプター)、リガンドおよび細胞シグナル伝達経路

自己免疫疾患の治療:商業的現実

  • FDA認定薬剤
  • 患者および疾病の人口動態
  • 競合環境
  • 成長を制約する要因
  • 規制要因
  • 服用当たりコストとマネージドケア
  • 副作用、枠付き警告文と患者コンプライアンス

自己免疫疾患の治療:疾病区分分析

  • 関節炎
  • 乾癬
  • 多発性硬化症
  • クローン病
  • 紅斑性狼瘡

自己免疫注射剤:適応症、市場データ、予測

  • TNF
  • 成長阻害要素
  • インターロイキン
    • インターフェロン
  • T細胞受容体阻害剤
  • 自然免疫細胞受容体阻害剤
  • キナーゼ阻害剤
  • 補助刺激分子阻害剤
  • ケモカイン受容体
  • 転写因子
  • 血管接着阻害剤
  • トール様受容体
  • その他の免疫学的因子薬剤候補

ビジネス要素

  • 規制要素
    • 臨床試験プロトコル・終点
  • アライアンス・パートナーシップ

自己免疫注射剤:企業プロファイル

目次
Product Code: AJR252K

In spite of the growing understanding of the underlying disease mechanisms for a host of diseases and disease families, autoimmune conditions continue to be intractable to most therapies and difficult to treat. Because of the individual genetic variability underlying the incidence and severity of autoimmune symptoms, regional variations in the market for autoimmune therapeutics can be significant. This variability is compounded by differences in treatment protocols and cultural factors, which combine to make alliance partnerships with regional players of increasing importance. Over the past two years the introduction of new and improved injectables for treating autoimmune diseases is creating new options for clinicians and patients. This optimism is being reinforced by pipeline candidates that will further the effort to improve treatment protocols for patients.

Highlights

  • Analyzes current therapeutic options for autoimmune diseases, and evaluates emerging therapeutic candidates and assesses their commercial potential
  • Assesses existing and evolving immune disease mechanisms, treatment strategies and pipeline drug candidates
  • Provides data and forecasts for major autoimmune disease segments to 2020
  • Evaluates regional and global opportunities for autoimmune therapeutics

Table of Contents

Executive Summary

Immune Modulation in Disease Therapeutics

  • Evolving Models of Disease and Human Health
  • The Immune Response in Disease Incidence, Treatment & Prevention
  • The Immune Cascade
  • Receptors, Ligands and Cell Signaling Pathways

Autoimmune Disease Therapeutics- Commercial Realities

  • FDA-Approved Drugs
  • Patient and Disease Demographics
  • Competitive Landscape
  • Factors Limiting Growth
  • Regulatory Factors
  • Cost per Dose and Managed Care
  • Side Effects, Black Box Warnings and Patient Compliance

Autoimmune Disease Therapeutics - Disease Segment Analysis

  • Arthritis
  • Psoriasis
  • Multiple Sclerosis
  • Crohn's Disease
  • Lupus

Autoimmune Injectables - Indications, Market Data and Forecasts

  • TNF
  • Growth Factor inhibitors
  • Interleukins
    • Interferons
  • T-Cell Receptor Inhibitors
  • Innate Immune Cell Receptor Inhibitors
  • B-Cell Receptor Inhibitors
  • Kinase Inhibitors
  • Co-stimulator Inhibitors
  • Chemokine Receptors
  • Transcription Factors
  • Vascular Adhesion Inhibitors
  • Toll-like Receptors
  • Other Immune Factor Drug Candidates

Business Factors

  • Regulatory Factors
    • Clinical Trial Protocols & Endpoints
  • Alliances and Partnerships

Autoimmune Injectables- Company Profile

Back to Top