表紙:生物製剤向けプレフィルド薬剤送達システム
市場調査レポート
商品コード
1026648

生物製剤向けプレフィルド薬剤送達システム

Prefillable Biological Drug Delivery Systems

出版日: | 発行: Greystone Research Associates | ページ情報: 英文 230 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
生物製剤向けプレフィルド薬剤送達システム
出版日: 2021年09月02日
発行: Greystone Research Associates
ページ情報: 英文 230 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

デバイスの進化と患者ケアの柔軟性の向上

ペン型注射器や自動注射器を含む特殊なプレフィルド注射器は、医薬品開発企業やマーケティング担当者に新たな機会をもたらしています。これらのデバイスは、消費者への直接販売の時代に製品の差別化を図ることができます。

生物製剤は慢性疾患を対象とすることが多いため、長期使用を前提とした投与方法や治療プロトコルを開発する必要があり、多くの場合、疾患に直接関連した制限を受けている患者が自ら投与することになります。慢性疾患の患者数の増加に伴い、医薬品開発者は今後5年間で、単回/複数回使用のバイアルからプレフィルド注射器への供給形態の変化を加速させていくでしょう。また、抗体・ホルモン・その他の生物薬剤の強力な生理作用により、安全性とコンプライアンスの必要性が高まっています。

当レポートでは、世界の生物製剤向けプレフィルド薬剤送達システムの市場について分析し、市場の基本構造や主な促進・抑制要因、昨今の利用・包装形態の傾向、セグメント別の主要製品・サプライヤーの一覧、用途別の利用動向、製品選択における主な経済的・技術的・規制的要因、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

目次

  • エグゼクティブサマリー
  • 市場機会
  • 薬剤送達の市場力学
  • 注射薬の経済性
  • 注射装置の成長促進要因
  • プレフィルドシリンジの増加
  • 自己管理の傾向
  • 人口動態の変化
  • 使い捨てデバイスの設計の革新
  • 生物製剤の増加
  • 治療用モノクローナル抗体
  • 治療需要の促進要因
  • 競合情勢
  • 危険因子
  • 実用化された生物製剤向けプレフィルド装置
  • 手動注射自動注射器
  • 自動注射自動注射器
  • 使い捨てオートインジェクター
  • オートインジェクター:製品概要 (製品28種/サプライヤー10社)
  • 特性製品用のプレフィルドオートインジェクター:概要
  • デバイスの設計要素
  • 材料選択の問題
  • 部品点数とデバイスコスト
  • 安全機能
  • 注射針の挿入深度
  • フェイルセーフ・アクティベーション
  • 投与量検査/注射確認
  • 凍結乾燥/再構成
  • 人間工学/エルゴノミクス
  • ペンインジェクター
  • 標準型ペンプラットフォームの概要 (製品10種/サプライヤー5社)
  • カスタム設計ペン
  • 二重チャンバー型ペン
  • 上市済みのペン製品 (製品18種/サプライヤー7社)
  • プレフィルド・ペンインジェクター:用途別の内訳
  • 成長ホルモン
  • 副甲状腺ホルモン
  • 生殖ホルモン
  • ウェアラブルデバイス
  • パッチポンプ
  • 大容量ウェアラブルデバイス
  • 承認済みウェアラブル製品の分析 (製品10種/サプライヤー10社)
  • 専用デバイス
  • 新たなウェアラブルテクノロジー
  • 主要な治療セクターの分析
  • アナフィラキシー/対策
  • 自己免疫疾患
  • 関節リウマチ
  • 乾癬
  • 多発性硬化症
  • 肝炎
  • 造血学
  • ホルモン補充療法
  • 骨粗鬆症
  • 市場要因
  • 規制の問題
  • デバイスのブランディング
  • 患者のアドヒアランスと使いやすさ
  • 医療経済
  • 企業プロファイル
目次
Product Code: PBD446K

Device Evolution and Increasing Patient Care Flexibility

Specialty prefilled injection devices - a group that includes pen injectors and autoinjectors - are creating new opportunities for drug developers and marketers. These devices provide the ability to create product differentiation in the age of direct-to-consumer marketing.

Because biological drugs most often target chronic conditions, dosing strategies and treatment protocols must be developed for long-term use, often for self-administration by patients who may have limitations directly related to their condition. The shift in as-supplied packaging from single and multi-use vials to prefilled injection devices will accelerate over the next five years as drug developers move to empower an increasing number of chronically ill patients. The powerful physiological effects of antibodies, hormones and other biological drugs also increase the need for safety and compliance.

What You Will Learn:

  • What are the market factors driving commercial activity in the biologicals drug delivery segment?
  • What are the major factors driving as-supplied product development decisions within biological drug development organizations?
  • How does the availability of patient support resources influence the prescribing decision for biological drugs?
  • How important are drug developer-formulation technologist relationships in the biological drug packaging segment?
  • What are the key influencers regarding as-supplied packaging in the biological self-administration market segment?
  • What are the significant economic, technology, and regulatory factors affecting the selection criteria for self-administered biological drugs?

Table of Contents

  • Executive Summary
  • The Market Opportunity
  • Delivery Market Dynamics
  • Economics of Injectable Drugs
  • What's Driving the Growth in Injectable Devices?
  • Prefilled Syringes Proliferating
  • The Trend toward Self-Administration
  • Shifting Demographics
  • Innovation in Disposable Device Designs
  • Proliferation of Biological Drugs
  • Therapeutic Monoclonal Antibodies
  • Therapeutic Demand Drivers
  • Competitive Landscape
  • Risk Factors
  • Prefillable Commercial Devices for Biologicals
  • Manual Injection Autoinjectors
  • Automated Injection Autoinjectors
  • Disposable Autoinjectors
  • Autoinjector Product Summaries (28 Devices/10 Suppliers)
  • Product Specific Prefillable Autoinjectors Summaries
  • Device Design Factors
  • Material Selection Issues
  • Part Counts and Device Cost
  • Safety Features
  • Needle Insertion Depth
  • Failsafe Activation
  • Dose Inspection/Injection Confirmation
  • Lyophilized Drugs/Reconstitution
  • Human Engineering/Ergonomics
  • Pen Injectors
  • Standardized Pen Platform Summaries (10 Devices/5 Suppliers)
  • Custom Pen Designs
  • Dual Chamber Pens
  • Commercial Pen Products (18 Devices/7 Suppliers)
  • Prefillable Pen Injector Application Segments
  • Growth Hormones
  • Parathyroid Hormones
  • Reproductive Hormones
  • Wearable Devices
  • Patch Pumps
  • Large Volume Wearable Devices
  • Approved Wearables Product Analysis (10 Devices/10 Suppliers)
  • Captive Devices
  • Emerging Wearables Technology
  • Key Therapeutic Sector Analysis
  • Anaphylaxis/Countermeasures
  • Autoimmune Diseases
  • Rheumatoid Arthritis
  • Psoriasis
  • Multiple Sclerosis
  • Hepatitis
  • Hematopoietics
  • Hormone Replacement
  • Osteoporosis
  • Market Factors
  • Regulatory Issues
  • Device Branding
  • Patient Adherence & Ease of Use
  • Healthcare Economics
  • Company Profiles