表紙:電気自動車の将来展望 (2050年まで):欧州の電力市場における影響と柔軟性
市場調査レポート
商品コード
1034702

電気自動車の将来展望 (2050年まで):欧州の電力市場における影響と柔軟性

Electric Vehicles Outlook to 2050: Impacts and Flexibility in European Power

出版日: | 発行: Wood Mackenzie - Power & Renewables | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=115.11円
電気自動車の将来展望 (2050年まで):欧州の電力市場における影響と柔軟性
出版日: 2021年10月26日
発行: Wood Mackenzie - Power & Renewables
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

欧州諸国 (EU27ヶ国と英国) における電気自動車向け電力需要は、2050年までに80倍に急拡大すると予想されています。この新たな需要を、クリーンな再生可能エネルギーだけで (2039年までに実現する見通しです)、かつ費用対効果の高い方法で満たすことが課題となっています。

一方で、運輸部門の電化は、V2Gアプリケーションを通じて、電気自動車 (EV) フリートからの柔軟な発電能力を提供する機会を生み出します。2050年には8か所の中核市場だけで、据置型の蓄電フリートが157GWに達するのに対し、この柔軟性の高い発電能力は128GWにまで拡大すると見込まれています。

当レポートでは、欧州諸国における電気自動車 (EV) 向け電力供給の見通しについて分析すると共に、既存の給電モデルにまだ含まれていない、V2G (Vehicle to Grid) 方式の柔軟な蓄電・発電機能の可能性に関する追加分析を行っています。

目次

Report Summary:

This work summarises the enhanced EV power modelling we have applied in our latest Q3 2021 European Power Service market outlook reports, with additional analysis on potential vehicle-to-grid (V2G) flexible capacity, which is yet to be included in our dispatch model. Power demand from EVs in EU27+UK will skyrocket 80-fold by 2050. This presents a challenge for this new demand to be met entirely by clean renewable energy (which we expect will happen by 2039) and in a cost-effective way. However, the electrification of the transport sector also offers an opportunity for flexible capacity available from the EV fleet, via V2G applications. This flexibility could grow to 128 GW, against a stationary storage fleet of 175 GW by 2050, in our eight core modelled markets alone.