表紙:米国のユーティリティ向け太陽光発電市場の最新情報(2021年第3四半期)
市場調査レポート
商品コード
1033644

米国のユーティリティ向け太陽光発電市場の最新情報(2021年第3四半期)

US Utility Solar PV Market Update: Q3 2021

出版日: | 発行: Wood Mackenzie - Power & Renewables | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=116.46円
米国のユーティリティ向け太陽光発電市場の最新情報(2021年第3四半期)
出版日: 2021年10月21日
発行: Wood Mackenzie - Power & Renewables
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

米国のユーティリティ規模の太陽光発電市場は、2021年第2四半期に約3.7GWのソーラーが稼働し、2021年から2026年の間に132GWが追加されると予想されています。同市場は、今期も目覚ましい成長を遂げており、コモディティ価格の高騰やサプライチェーンの不確実性にもかかわらず、成長する見通しです。

当レポートは、米国のユーティリティ向け太陽光発電市場について調査しており、市場の動向、5年間の予測、プロジェクトのパイプライン、調達動向、プロジェクト開発者のランキングや情勢、全50州の政策や需要要因、最近のRFPやPPA価格の動向、地域・州別の内訳などの情報を提供しています。

今期の主な調査結果

  • ユーティリティ規模の太陽光発電は、26%のITCで獲得したパイプラインを活用することで、2023年までの間に2桁台の年間成長率となる見通し
  • 2024年にITCが10%に引き下げられた場合でも、クリーンエネルギーに対する需要の高まりと太陽光発電のコスト低下により、2024年から2026年にかけて、実用規模の太陽光発電は少なくとも年間20GWの市場規模を維持すると予測されている
  • 2022年から2023年初頭に稼働予定のプロジェクトでは、部品コストの高騰やサプライチェーンの課題が逆風となっている。さらに、税収やEPC能力の制約は、小規模プロジェクトに影響を与える可能性があり、相互接続の制約はあらゆる規模のプロジェクトに影響を与える
目次

Each quarter, Wood Mackenzie's team of US solar analysts highlights trends in US utility solar market dynamics, including the utility PV project pipeline, procurement trends, project developer rankings and landscape, policy and demand drivers across all 50 states, recent RFPs and PPA price trends and regional and state breakdowns. The analysis also includes a five-year forecast of utility solar.

The US utility-scale solar market saw another impressive quarter of growth, as almost 3.7GW of solar came online in Q2 2021 and an expected 132 GW will be added between 2021 and 2026. The Wood Mackenzie forecast suggests growth despite high commodity prices and supply chain uncertainty.

Key findings this quarter include:

  • The utility-scale solar sector will see double-digit annual growth through 2023 as developers build out pipelines they accrued at the 26% ITC level.
  • Even as the ITC steps down to 10% by 2024, the utility-scale solar sector will remain at least a 20 GW annual market between 2024 and 2026, thanks to the growing demand for clean energy and the decreasing cost of solar.
  • High component costs and supply chain challenges create headwinds for projects slated to come online in 2022 and early 2023. Additionally, constraints on tax equity and EPC capacity may affect smaller-size projects, while interconnection constraints affect projects of all sizes.