表紙:アジア太平洋のエネルギー貯蔵の展望(2021年)
市場調査レポート
商品コード
1022864

アジア太平洋のエネルギー貯蔵の展望(2021年)

Asia Pacific Energy Storage Outlook 2021

出版日: | 発行: Greentech Media Inc. | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=115.27円
アジア太平洋のエネルギー貯蔵の展望(2021年)
出版日: 2021年08月12日
発行: Greentech Media Inc.
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アジア太平洋のエネルギー貯蔵市場は、2020年に19億米ドルの投資を集めたものの、2019年の20億米ドルから7%の減少となっています。同地域は現在、世界市場をリードしていますが、今後10年間で市場の主導権を失い、2030年には南北アメリカにリーダーの座を奪われると予測されています。しかし、アジア太平洋のバッテリーセル製造量は2020年に407GWhに達し、世界の生産能力の81%を占め、サプライチェーンの競争で成功すると考えられています。

当レポートは、アジア太平洋のエネルギー貯蔵市場について調査しており、市場の展望、主な動向、プロジェクトのパイプライン、市場と規制に関する考察、技術とサプライチェーン、貯蔵への投資と提携などの情報を掲載しています。

目次

Report Summary:

Asia Pacific will lose the market leadership but win the supply chain battle in the next decade. Annual storage deployments in Asia Pacific will rise 19-fold from 3.5 GWh in 2020 to 67.6 GWh in 2030. The region deployed 2 GW/3.5 GWh of storage in 2020, reaching 7 GW/13 GWh in total. Overall, the Asia Pacific storage market attracted US$1.9 billion of investment in 2020, down 7% from US$2 billion in 2019. Asia Pacific currently leads global storage markets, but will lose its leadership position by 2030 to the Americas. However, Asia Pacific battery cell manufacturing reached 407 GWh in 2020, accounting for 81% of global capacity. This report provides an outlook for Asia Pacific energy storage markets and synthesizes key trends, the project pipeline, market and regulation considerations, technology and supply chain, storage investment and partnerships.