表紙:最適なプランを求めて:インドネシアによるカーボンニュートラルの難題
市場調査レポート
商品コード
1020819

最適なプランを求めて:インドネシアによるカーボンニュートラルの難題

In Search of a Fitting Plan: Indonesia's Carbon Neutral Puzzle

出版日: | 発行: Greentech Media Inc. | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=115.03円
最適なプランを求めて:インドネシアによるカーボンニュートラルの難題
出版日: 2021年07月28日
発行: Greentech Media Inc.
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

2021年3月、インドネシアは、2070年までのカーボンニュートラル目標を発表しました。東南アジアでは初、アジア太平洋地域では4番目となりました。その後、国営電力公社PLNが、2050年までのカーボンニュートラル公約を発表し、エネルギー鉱物資源省が、2060年までのカーボンニュートラル計画を発表しました。

当レポートでは、Wood Mackenzie社のベースケースの見通しに対するさまざまな計画案を評価し、カーボンニュートラルを達成するための課題を提示します。

目次

Report Summary:

In March 2021, Indonesia announced a carbon neutrality target for 2070, the first country in Southeast Asia and fourth in the Asia Pacific region to do so. Subsequently, state-owned utility PLN announced a carbon neutrality pledge for 2050 and the Ministry of Energy and Mineral Resources released a carbon neutral plan for 2060. This insight evaluates the different proposed plans against Wood Mackenzie's base case outlook and presents the challenges associated with attaining carbon neutrality.