表紙:コロナウイルス以後の回復傾向:北米の電力・再生可能エネルギー市場 - 短期的展望 (2021年4月)
市場調査レポート
商品コード
1004717

コロナウイルス以後の回復傾向:北米の電力・再生可能エネルギー市場 - 短期的展望 (2021年4月)

The Post-Coronavirus Recovery: North America Power and Renewables April 2021 Short-Term Outlook

出版日: | 発行: Greentech Media Inc. | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=115.28円
コロナウイルス以後の回復傾向:北米の電力・再生可能エネルギー市場 - 短期的展望 (2021年4月)
出版日: 2021年05月10日
発行: Greentech Media Inc.
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

分析概要:

電力市場は、昨年からの長期的な影響から脱却し、通常状態に戻りつつあります。

4月の平均日次需要量は、昨年の同時期より5%増加しました。また、2021年の1月から4月までの累積平均日次需要は、感染拡大前のレベルに戻りました。

石炭火力発電のが早期に廃止されるという発表も出され (昨今のIRP (統合資源計画) の一つでは、4.6GW分が追加で必要になります)、その後も関連報道が増加していますが、今年の冬の天候やガス価格の上昇、需要の回復などの要因に支えられて、石炭火力発電は2020年の水準から回復すると見られています。 天然ガスについては、価格上昇のために全体的な発電量は昨年より横ばい、または若干低下すると見られています。

最後に、再生可能エネルギー発電の増設ブームはいまだに続いており、特にERCOT・WECC・MISO・SPPではその傾向が強くなっています。今後3年間で、合計41.5 GW近くの太陽光発電・風力発電・バッテリー蓄電設備が稼働すると見込まれています。

当レポートでは、北米諸国における電力・再生可能エネルギー市場の最新動向や短期的な見通しについて分析しております。

目次

Report Summary:

Power markets are generally seeing a continuing return to normal as they shake off the lingering impacts from last year: - Average daily demand in April was 5% higher than the same time last year. Cumulative average daily demand between January and April for 2021 has returned to pre-pandemic levels. - While still facing increasing amounts of coal retirement announcements, or announcements that plants will be retired sooner (one recent IRP called for an additional 4.6 GW), coal generation looks to recover from 2020 levels, aided by this year's winter weather, higher gas prices, and the improving demand outlook. For natural gas, overall we see generation staying flat or somewhat lower than last year, due to the higher prices. - Finally, new renewable additions continue to boom, with particular concentrations in ERCOT, WECC, MISO and SPP. We expect close to 41.5 GW solar, wind and battery storage coming online in the next three years.