表紙:モノのインターネット (IoT) - テーマ別分析
市場調査レポート
商品コード
663479

モノのインターネット (IoT) - テーマ別分析

Internet of Things - Thematic Research

出版日: | 発行: GlobalData | ページ情報: 英文 82 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=110.57円
モノのインターネット (IoT) - テーマ別分析
出版日: 2021年05月10日
発行: GlobalData
ページ情報: 英文 82 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
担当者のコメント
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

モノのインターネット (IoT) とは、物理的対象 (衣類、腕時計、車、冷蔵庫、ヒーター、工場機械など) をインターネットに接続するというコンセプトのことです。伝送されるデータを収集・分析することで、消費者や企業は効率的に「モノ」を監視・維持・アップグレード出来るようになります。

当レポートでは、モノのインターネット (IoT) に焦点を当てて、産業分析、バリューチェーン、主要企業、部門別のスコアカード、技術概要などについて、体系的な情報を提供しています。

企業

動向

  • 技術動向
  • マクロ経済動向
  • 規制動向

バリューチェーン

  • デバイスレイヤー
  • コネクティビティレイヤー
  • データレイヤー
  • アプリレイヤー

産業分析

  • 規格の闘い
  • IoTは進化の第2段階へ
  • 市場規模と成長予測
  • 競合分析
  • タイムライン
  • M&A

企業セクション

  • 株式公開テクノロジー企業
  • 個人 (株式未公開) テクノロジー企業

部門別のスコアカード

半導体部門のスコアカード

  • 有力企業
  • テーマ別
  • 評価別
  • リスク別

工業オートメーション部門のスコアカード

  • 有力企業
  • テーマ別
  • 評価別
  • リスク別

インターネットインフラ部門のスコアカード

  • 有力企業
  • テーマ別
  • 評価別
  • リスク別

ITサービス部門のスコアカード

  • 有力企業
  • テーマ別
  • 評価別
  • リスク別

アプリケーションソフトウェア部門のスコアカード

  • 有力企業
  • テーマ別
  • 評価別
  • リスク別

技術概要

  • 6大IoT市場セグメント
  • IoT発展の4段階

用語集

付録

目次
Product Code: GDTMT-TR-S306

The Internet of Things, or IoT, describes the use of connected sensors and actuators to control and monitor the environment, the things that move within it, and the people that act within it. Use cases include the automated home, the connected car, wearable technology, the automated home, smart cities, and predictive maintenance for industrial machinery.

Key Highlights

  • For IoT technology to become truly pervasive, two things need to happen: latency levels need to drop to allow real-time decision making, and IoT deployments need to operate more autonomously.
  • Advances in data center technology are already pushing more intelligence to the edge of data networks, reducing latency, while Artificial Intelligence of Things (AIoT) technology is gradually reducing the role of human decision-making in many IoT ecosystems.
  • Pervasive IoT will become closer to reality as AIoT and edge computing - both nascent technologies - mature, perhaps in a decade or so for markets such as autonomous trucks.

Scope

  • This report provides an overview of the Internet of Things (IoT) theme.
  • It identifies the key trends impacting growth of the theme over the next 12 to 24 months, split into three categories: technology trends, macroeconomic trends, and regulatory trends.
  • It contains a comprehensive industry analysis, including market size and growth forecasts for both enterprise and consumer IoT, details of M&A deals driven by the IoT theme, and analysis of patent trends.
  • The detailed value chain shows comprises five layers: devices, connectivity, data, apps, and services. Leading and challenging vendors are identified across each of the five layers.

Reasons to Buy

  • We forecast the global IoT market to reach $1.1 trillion in revenue by 2024.
  • Enterprise IoT will account for 73% of market revenue by 2024, down from 76% in 2020, while the consumer segment will make up 27% in 2024, up from 24% in 2020, with significant growth coming from wearables.
  • In a post-COVID-19 world, we expect a new wave of digital transformation to fuel higher growth across all IoT markets.

Table of Contents

Table of Contents

Executive summary

  • Players
  • Technology briefing
  • Trends
  • Industry analysis
  • Value chain
  • Companies
  • Sector scorecards
  • Glossary
  • Further reading
  • Thematic methodology