お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
表紙
市場調査レポート
商品コード
985479

プラスチックの分解を促進する画期的なイノベーション

Breakthrough Innovations Enhancing Plastics Degradation

出版日: | 発行: Frost & Sullivan | ページ情報: 英文 71 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=110.58円
プラスチックの分解を促進する画期的なイノベーション
出版日: 2020年12月23日
発行: Frost & Sullivan
ページ情報: 英文 71 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

国連によると、現代のライフスタイルにおけるプラスチックの遍在的な影響により、年間約3億トンの化石燃料ベースのプラスチックが生産されています。これまでに生産されたプラスチックの約半分は1回使われただけで廃棄され、廃棄物の約60%は最終的に埋め立てられるか環境に蓄積されます。 2050年までに、プラスチック廃棄物の発生量は年間1,200MMTを超えると予測されています。

これにより、プラスチックは陸域および海洋汚染の主な原因となり、生物多様性に大きな脅威をもたらします。プラスチックのリサイクル技術は20年前に導入されましたが、まだ大規模な普及は見られていません。プラスチックリサイクル技術はしばしば、廃棄物を効率的・経済的に貴重な資源に変換するという課題に直面するため、プラスチック廃棄物は常に埋め立て地に捨てられるか、近くの水資源に洗い流され、マイクロプラスチックとして存在します。化学物質のリサイクルと焼却プロセスは良好な変換率を示しますが、これらの方法は有害な排出物と有害なガスを生成します。

プラスチックはその複雑な構造のため、分解されるのに50年から1000年という長い期間を必要とします。したがって、分解速度を高めたプラスチック分解の技術進歩が喫緊の課題となっています。

当レポートでは、プラスチック分解 (プラスチック崩壊) 技術の世界各国での普及状況について分析し、技術の概略や主な分解方法 (生物学的、物理化学的方法など)、現在までの技術開発の動きと今後の可能性、導入に際しての課題、主要企業の導入・取り組み状況、戦略展開・資本取引の動き、今後の成長機会と課題、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

目次

第1章 戦略的課題

第2章 エグゼクティブサマリー

  • 分析範囲
  • 分析手法
  • 分析のポイント:プラスチック分解技術
  • ポリエチレンベース・プラスチック:幅広い業界で一般的に利用
  • 物理化学的・生物学的分解プロセス:プラスチック廃棄物管理の持続可能な代替手段
  • リサイクル別プラスチックの劣化の必要性
  • 生物学的・物理化学的分解プロセス関連の研究開発 (R&D) 活動への高い関心
  • プラスチックの分解:プラスチック廃棄物管理の持続可能な代替手段

第3章 技術の評価

  • プラスチック分解プロセスの種類
  • 分解プロセスへの影響要因の理解による、プラスチック廃棄物の分解プロセスの最適化
  • ハイブリッドプロセスによる、物理的劣化の促進
  • 化学分解プロセスの今後の発展:費用効率が高く環境に優しいアプローチを含む
  • 物理化学的分解プロセスにおける、持続可能なアプローチの開発
  • プラスチック廃棄物管理の持続可能な手法としての分解の普及促進を目指した、地域横断型イニシアチブ
  • 化学分解プロセスにおける、費用効果の高い触媒の採用
  • 炭素・VOCガスの高リスクによる、化学分解プロセスの利用制約
  • 劣化率が低いと、物理的劣化の採用が制限されます
  • 物理化学的分解プロセスのエネルギー消費に関する知識の乏しさ
  • プラスチック廃棄物の生物学的分解法:まだ限定的な商品化
  • 触媒の高コストは物理化学的分解の普及への制約
  • プラスチック廃棄物の生物学的分解法:まだ限定的な商品化

第4章 イノベーション指標

  • 熱分解プロセスの将来性
  • 各種プロセスの併用による、生物学的分解プロセスの最適化
  • 欧州・アジア太平洋全体での、化学的・物理化学的な研究活動への強い関心
  • アルカリ加水分解:新たな化学分解プロセス
  • 過去3年間に欧州地域全体で観察された特許活動の拡大
  • ポリウレタンテレフタレート(PET)分解のための持続可能な代替品の採用への高い関心
  • プラスチック分解技術のライセンシングの限られた機会
  • 生物学的分解プロセスの最適化への関心の高まり
  • 北米および欧州地域全体での政府資金の高い関心

第5章 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19):技術開発への影響

  • ポリマー技術の分解:COVID-19感染拡大下でプラスチック廃棄物に対処するための、賢明な代替手段

第6章 推奨行動 (C2A)

  • 北米地域での持続可能な分解プロセスの普及・最適化
  • 微生物分解技術の強化
  • COVID-19感染拡大中のプラスチック廃棄物の急増を解消するための持続可能な代替案
  • 大規模な微生物分解プロセスの導入支援
  • 欧州でのハイブリッド分解技術の普及
  • 添加剤を用いた、費用効果の高い分解技術の開発
  • 北米地域での持続可能な生物学的分解プロセスの開発
  • 今後の可能性:高性能酵素分解プロセスの開発
  • 今後の可能性:廃棄物管理業界における、循環経済アプローチの開発
  • 今後の可能性:調整可能な生物学的分解プロセスの製造
  • 今後の可能性:ポリスチレン廃棄物分解に関する持続可能な経路の開発
  • 今後の可能性:欧州での大規模・高性能な生物学的分解の採用
  • 今後の可能性:アジア太平洋における生物学的分解の導入

第7章 成長機会

  • 成長機会 (1):COVID-19シナリオにおける持続可能な解決策としてのプラスチック分解 - 将来的な市場機会
  • 成長機会 (2):ハイブリッドプロセスを用いた、プラスチック分解の持続可能な代替案の開発

第8章 主要企業の連絡先情報

次のステップ

目次
Product Code: D9E7

Technology development focusing on sustainable degradation pathways for managing plastic waste

The omnipresent influence of plastics in modern lifestyle has led to the production of about 300 million tons of fossil fuel-based plastics annually, according to the UN. About half of the total plastics produced till date are thrown away after a single use, and about 60% of the waste ends up in landfills or accumulates in the environment. It is predicted that by 2050, the amount of plastic waste generated will be more than 1,200MMT per year.

This makes plastics a major contributor to land and marine pollution and poses a big threat to the biodiversity. Although plastic recycling technologies are introduced 2 decades ago, they still haven't witnessed the wide-scale adoption. Plastic recycling technologies often face challenges to efficiently and economically convert plastic waste into a valuable resource and the plastic waste invariably ends up in the landfills or washes away to the nearby water resource and resides as micro-plastic. Although chemical recycling and incineration process show good conversion rates, these methods produce harmful emissions and hazardous gases.

Plastics due to its complex structure, requires longer period of time to degrade from a minimum of 50 years up to 1000 years, hence technology advancement in plastic degradation with enhanced degradation rates is the need of the hour. This research study hence focuses on the importance of plastic degradation, the types of plastic degradation technologies, factors influencing the adoption of plastic degradation and the benefits of plastic degradation.

The research study also focuses on:

  • Innovations and research developments covering plastic degradation technologies
  • Acquisitions and partnerships
  • IP analysis and comparative assessments
  • Companies to action and growth opportunities.

Table of Contents

1.0 Strategic Imperatives

  • 1.1 The Strategic Imperative 8™
  • 1.2 The Strategic Imperative 8™
  • 1.3 The Impact Of The Top Three Strategic Imperatives On Plastic Degradation Technologies
  • 1.4 About The Growth Pipeline Enginetm
  • 1.5 Growth Opportunities Fuel The Growth Pipeline Engine™

2.0 Executive Summary

  • 2.1 Research Scope
  • 2.2 Research Methodology
  • 2.3 Key Findings - Plastic Degradations Technology
  • 2.4 Polyethylene-based Plastic Is Commonly Used in Various Industries
  • 2.5 Physicochemical and Biological Degradation Process Is a Sustainable Alternative for Managing Plastic Waste
  • 2.6 Need for Plastic Degradation Over Recycling
  • 2.7 High Interest in the R&D Efforts Related to Biological and Physicochemical Degradation Process
  • 2.8 Plastic Degradation is a Sustainable Alternative for Plastic Waste Management

3.0 Technology Assessment

  • 3.1 Types of Plastic Degradation Processes
  • 3.2 Optimizing the Degradation Process of Plastic Waste by Understanding the Factors Influencing the Degradation Process
  • 3.3 Enhancing Physical Degradation through Hybrid Processes
  • 3.4 Future Development of Chemical Degradation Processes will Involve Cost Efficient and Environmentally Friendly Approaches
  • 3.5 Developing Sustainable Approaches in the Physicochemical Degradation Process
  • 3.6 Initiatives across Regions are Aimed at Enhancing Degradation as a Sustainable Pathway in Plastic Waste Management
  • 3.7 Adoption of Cost-efficient Catalyst in Chemical Degradation Process
  • 3.8 High Risk of Carbon and VOC Gases Limits the Adoption of the Chemical Degradation Process
  • 3.9 Low Degradation Rate Limits the Adoption of Physical Degradation
  • 3.10 Limited Knowledge on Energy Consumption of Physicochemical Degradation Process
  • 3.11 Limited Commercialization of Biological Degradation Method of Plastic Waste
  • 3.12 High Cost Catalyst Limits the Adoption of Physicochemical Degradation
  • 3.13 Limited Commercialization of Biological Degradation Method of Plastic Waste

4.0 Innovation Indicators

  • 4.1 Future Potential of the Thermal Degradation Process
  • 4.2 Optimizing the Biological Degradation Process through Combining the Processes
  • 4.3 Robust Interest of Chemical and Physicochemical Research Initiatives across the European and APAC Regions
  • 4.4 Alkaline Hydrolysis is an Emerging Chemical Degradation Process
  • 4.5 Growing Patent Activity Observed across the European Region in the Last Three Years
  • 4.6 High Interest in Adopting Sustainable Alternatives for Polyurethane Terephthalate (PET) Degradation
  • 4.7 Limited Opportunity of Licensing the Plastic Degradation Technology
  • 4.8 Growing Interest on Optimizing the Biological Degradation Process
  • 4.9 High Interest of Government Funding Across the North America and Europe Regions

5.0 COVID-19 Impact on the Technological Development

  • 5.1 Degradation of Polymer Technology as a Wisely Alternative in Addressing the Plastic Waste During the COVID-19 Pandemic

6.0 Companies & Research Institutes to Action

  • 6.1 Optimizing the Adoption of Sustainable Degradation Process Within the North America Region
  • 6.2 Enhancing the Microbial Degradation Technology
  • 6.3 Sustainable Alternative in Resolving the Robust Growth of Plastic Waste During the COVID-19 Pandemic
  • 6.4 Aiding the Adoption of Microbial Degradation Process on a Larger Scale
  • 6.5 Adoption of Hybrid Degradation Technology Within the Europe Region
  • 6.6. Developing a Cost-efficient Degradation Technology Through Additives
  • 6.7 Developing Sustainable Biological Degradation Process Within the North America Regions
  • 6.8 Future Potential of Developing High Performance Enzymatic Degradation Process
  • 6.9 Future Potential of Developing Circular Economy Approach Within the Waste Management Industry
  • 6.10 Future Potential on Fabricating Tunable Biological Degradation Process
  • 6.11 Future Potential in Developing a Sustainable Pathway in Degrading Polystyrene Waste
  • 6.12 Adoption of High Performance Biological Degradation at Larger Scale Within the Europe Region
  • 6.13 Future Potential in Adoption of Biological Degradation Within the Asia Pacific Regions

7.0 Growth Opportunities

  • 7.1 Growth Opportunity 1: Future Opportunity of Plastic Degradation as a Sustainable Solution in the COVID-19 Scenario
  • 7.1 Future Opportunity of Plastic Degradation as a Sustainable Solution in the COVID-19 Scenario (continued)
  • 7.2 Growth Opportunity 2: Development Sustainable Alternative of Plastic Degradation Through Hybrid Process
  • 7.2 Development Sustainable Alternative of Plastic Degradation Through Hybrid Process (continued)

8.0 Key Contacts

  • 8.1 Key Contacts

Next steps

  • Your Next Steps
  • Why Frost, Why Now?
  • Legal Disclaimer
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.