お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
表紙
市場調査レポート
商品コード
945600

標的型ドラッグデリバリーを推進するマテリアル技術

Material Technologies Facilitating Targeted Drug Delivery

出版日: | 発行: Frost & Sullivan | ページ情報: 英文 63 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=107.49円
標的型ドラッグデリバリーを推進するマテリアル技術
出版日: 2020年06月16日
発行: Frost & Sullivan
ページ情報: 英文 63 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

標的型ドラッグデリバリーは、ドラッグデリバリー効率の改善ならびに薬物蓄積により起こり得る潜在的な副作用の緩和に対する強い要求により、勢いを増しています。標的型ドラッグデリバリーの概念は新しいものではなく、技術はナノテクノロジーと生体適合性材料の出現に伴いペースを上げ始めました。標的型ドラッグデリバリーは、その高い採用の可能性と非標的臓器への非干渉性のために、大きな影響を与えると予想されます。

当レポートでは、標的型ドラッグデリバリーにおけるマテリアル技術に注目して調査し、量子ドット (QD)、カーボンナノチューブ (CNT)、ナノ構造脂質、ヒドロゲル、リポソーム、デンドリマーなどのナノ材料に特に焦点を当てた、さまざまな種類の新興ドラッグデリバリーマテリアルの分析、マテリアルの機能、マテリアルの利点、主要企業、各マテリアルのR&Dイニシアチブなどについて説明しています。

第1章 エグゼクティブサマリー

  • 調査範囲
  • 主な調査結果
  • 調査手法

第2章 技術概要

  • 標的型ドラッグデリバリーは、末期症状向けドラッグデリバリーの主要な形態として注目を集める
  • 標的型ドラッグデリバリー向けに検討されている多様な材料

第3章 新マテリアルの技術評価

  • 量子ドット
    • 量子ドットは、その調整可能な特性により、採用される可能性が高い
    • 米国はQDで世界における特許出願シェアが最も大きい
    • 中国は量子ドットを使用したドラッグデリバリーの調査結果が最も高い
    • 量子ドットは細胞増殖療法向けに大幅な採用が可能に
    • グラフェンフラグシッププログラムは、欧州における量子ドットの開発において極めて重要な役割を果たす
  • カーボンナノチューブ
    • CNTベースのドラッグデリバリーシステムはpH依存性薬物放出を改善
    • PCTアプリケーションの数が増えると、CNTの採用の可能性が広がる
    • 調査出版物は地域全体に広がる
    • 中国国家自然科学基金 (NSFC) が世界中の地域的および共同プロジェクトに焦点を当てた主要な資金提供機関として浮上
    • CNTの機能化別効果を高める調査が勢いを増す
  • ナノ構造脂質
    • ナノ構造脂質は組織レベルでのドラッグデリバリーを改善
    • ナノ構造脂質の調査出版物の着実な成長
    • 米国と中国は世界で特許出願のシェアが最も高い
    • ナノ構造のリポソームベースのドラッグキャリアの開発で有名な南アジアの資金調達機関
    • 標的型ドラッグデリバリーシステムは全身デリバリーシステムを置き換えることが可能
  • ヒドロゲル
    • ヒドロゲルは、ドラッグデリバリー効率を改善するために拡散に敏感なモデルを採用
    • ヒドロゲルのバイオアベイラビリティの改善は、最も研究されている分野の1つ
    • 2015年以来、着実に肯定的な特許公開の傾向が見られる
    • EUでの資金提供は、主にヒドロゲルの生産を拡大し、バイオアベイラビリティを改善することに焦点を当てている
    • ヒドロゲルは、最高の薬物負荷容量を持つ材料の1つ
  • リポソーム
    • リポソームは最も広く採用されているドラッグデリバリーシステムの一つ
    • 中国科学院は、リポソームベースの標的ドラッグデリバリーに関する出版物の数が最も多い
    • アジア太平洋はリポソームベースのドラッグデリバリーシステムの大規模な商業化に関心を持つ
    • 皮膚ベースのワクチンデリバリーシステムは、リポソームマテリアル向けの勢いを増す
    • リポソームベースのドラッグデリバリーシステムは、既存の癌治療の効率を大幅に改善
  • デンドリマー
    • デンドリマーは、広範な採用のための潜在的な材料となる特性を持つ
    • 中国科学院が主要な調査として主導
    • 米国はデンドリマーの特許出願をリード
    • Horizon 2020プログラムを通じて開始された多数のプロジェクト
    • デンドリマーは、治療成分の効率を改善するためのドラッグデリバリー材料として採用

第4章 技術のベンチマーク

  • ルーブリックのベンチマーク
  • ナノ構造脂質は、最も高い採用の可能性を持つ
  • ナノ構造脂質は標的型ドラッグデリバリーに最も有望な材料

第5章 成長機会

  • 成長機会:標的型ドラッグデリバリーの活用
  • 成長機会:4つの主要な展望
  • 戦略的必須事項:重要な成功要因
  • ドラッグデリバリーR&D向け新興材料に対するCOVID-19の影響

第6章 主な連絡先

第7章 付録

目次
Product Code: D956

Nanomaterials are Gaining Research Focus for Targeted Drug Delivery

Targeted drug delivery is gaining traction owing toward significant demand for improvement in the drug delivery efficiency as well as the need to mitigate potential side-effects, which can occur due to drug accumulation. The concept of targeted drug delivery is not new, the technology started gaining pace with the advent of nanotechnology and biocompatible materials. Targeted drug delivery is expected to have a high impact owing to its high adoption potential and its non-interference with non-target organs.

This research service titled, "Material Technologies Facilitating Targeted Drug Delivery," provides an understanding of various types of emerging drug delivery materials, with specific focus on nanomaterials such as quantum dots (QDs), CNTs, nanostructured lipids, hydrogels, liposomes and dendrimers.

This research service describes the material capabilities, advantages of the material, key participants and R&D initiatives for each material. Additionally, it also captures the funding received by each material in the span of 2015-2019 and the potential growth opportunities for drug delivery materials

Table of Contents

1.0 Executive Summary

  • 1.1. Research Scope
  • 1.2. Key Findings
  • 1.3. Research Methodology

2.0 Technology Overview

  • 2.1. Targeted Drug Delivery is Gaining Focus as a Primary Mode of Drug Delivery for Terminal Illnesses
  • 2.2. Varied Materials are Being Considered for Targeted Drug Delivery

3.0. Technology Assessment of Emerging Materials

  • 3.1. Quantum Dots
    • 3.1.1. Quantum Dots Will Have a High Adoption Potential Due to Their Tunable Characteristics
    • 3.1.2. The US is Observed to Have the Highest Patent Application Share in QD Globally
    • 3.1.3. China Has the Highest Research Outputs for Drug Delivery Using Quantum Dots
    • 3.1.4. Quantum Dots can Find Significant Adoption for Cell Proliferation Therapies
    • 3.1.5. Graphene Flagship Program Plays a Pivotal Role in Development of Quantum Dots in Europe
  • 3.2. Carbon Nanotubes
    • 3.2.1. CNT-based Drug Delivery Systems Will Improve pH Dependent Drug Release
    • 3.2.2. Higher Number of PCT Applications Will Mean Broader Adoption Potential for CNT
    • 3.2.3. Research Publications are Spread Across Regions
    • 3.2.4. National Natural Science Foundation of China Emerges as a key Funding Agency Focusing on Regional and Collaborative Projects Across the Globe
    • 3.2.5. Research on Functionalization of CNTs to Enhance Their Effectiveness is Gaining Traction
  • 3.3. Nanostructured Lipids
    • 3.3.1. Nanostructured Lipids Will Improve Drug Delivery at Tissue Level
    • 3.3.2. Steady Growth in Research Publications for Nanostructured Lipids
    • 3.3.3. The US and China Have the Highest Share of Patent Filings Globally
    • 3.3.4. South Asian Funding Agencies Prominent for Developing Nanostructured Liposome-based Drug Carriers
    • 3.3.5. Targeted Drug Delivery Systems Can Replace Systemic Delivery Systems
  • 3.4. Hydrogels
    • 3.4.1. Hydrogel Adopts a Diffusion Sensitive Model to Improve Drug Delivery Efficiency
    • 3.4.2. Improving Bioavailability of Hydrogels has Been One of the Most Researched Areas
    • 3.4.3. Steady Positive Patent Publication Trend Is Observed Since 2015
    • 3.4.4. Funding in EU is Predominantly Focused on Scaling up the Production of Hydrogels and Improving Bioavailability
    • 3.4.5. Hydrogels are Amongst Materials that Have the Highest Drug Loading Capacity
  • 3.5. Liposomes
    • 3.5.1. Liposomes are Among the Most Widely Adopted Drug Delivery Systems
    • 3.5.2. Chinese Academy of Sciences has the Highest Number of Publications on Liposome-based Targeted Drug delivery
    • 3.5.3. APAC is Observed to Have a Significant Commercialization Focus for Liposome-based Drug Delivery Systems
    • 3.5.4. Dermal-based Vaccine Delivery Systems are Gaining Traction for Liposome Materials
    • 3.5.5. Liposome-based Drug Delivery System Significantly Improves Efficiency of Existing Cancer Therapy
  • 3.6. Dendrimers
    • 3.6.1. Dendrimers Possess Properties, Which Makes Them Potential Materials for Extensive Adoption
    • 3.6.2. Chinese Academy of Sciences Leads as the Major Research Institute
    • 3.6.3. The US is Leading in Patent Filings on Dendrimers
    • 3.6.4. Significant Number of Projects Initiated Through Horizon 2020 Program
    • 3.6.5. Dendrimers are Adopted as Drug Delivery Materials to Improve Efficiency of Therapeutic Components

4.0 Technology Benchmarking

  • 4.1. Benchmarking Rubrics
  • 4.2. Nanostructured Lipids are Observed to Have the Highest Adoption Potential
  • 4.3. Nanostructured Lipids are the Most Promising Materials for Targeted Drug Delivery

5.0 Growth Opportunities

  • 5.1. Growth Opportunities: Tapping into Targeted Drug Delivery
  • 5.2. Growth Opportunities: The Four Major Prospects
  • 5.3. Strategic Imperatives: Critical Success Factors
  • 5.4. Impact of COVID-19 on Emerging Materials for Drug Delivery R&D

6.0 Key Contacts

  • 6.1. Key Contacts

7.0 Appendix

  • 7.1. Benchmarking Matrix Data (Explained)
  • 7.1. Benchmarking Matrix Data (Explained) (Contd.)
  • Legal Disclaimer
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.