お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ

株式会社グローバルインフォメーション
表紙
市場調査レポート
商品コード
931793

食品・飲料産業における代替タンパク質の技術開発環境

Innovation Landscape of Protein Alternatives in the F&B industry

出版日: | 発行: Frost & Sullivan | ページ情報: 英文 49 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=104.53円
食品・飲料産業における代替タンパク質の技術開発環境
出版日: 2020年03月31日
発行: Frost & Sullivan
ページ情報: 英文 49 Pages
納期: 即日から翌営業日
担当者のコメント
Frost & Sullivan発行の食品飲料産業における代替タンパク質技術開発動向レポートです。植物性タンパク質・昆虫ベースのタンパク質・培養肉・微生物ベースのタンパク質という各種タンパク質の技術開発動向について、豊富な事例とともに解説しております。第7章では、特許出願動向・ベンチャースタートアップ動向・パートナーシップ合弁事業動向について説明しており、さらに、第8章では、今後の成長機会・有力領域についてアナリストが見解を述べています。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の消費者の間では、食肉需要の増加が牧畜業の生産規模を拡大させ、ひいては土地・水の過剰利用や圧力増加、資源不足、温室効果ガスの排出といった問題を引き起こす、という考えが広がりつつあります。また、健康意識の向上もあいまって、動物性タンパク質に代わる代替タンパク質 (植物性、微生物ベース、昆虫ベースなど) の需要が拡大しつつあります。そして、代替タンパク質の味覚・食感・嗜好性の向上に向けた研究開発活動も活発化しています。

当レポートでは、世界の食品・飲料業界における代替タンパク質の普及・活用状況の見通しについて分析し、全体的な市場構造と最新情勢 - 動物性タンパク質からの需要代替の見込み -、製品カテゴリー (抽出源) 別の製品特性と技術開発・普及動向、地域別の技術開発の傾向と見通し、今後の市場機会の可能性・方向性、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 代替タンパク質源:イントロダクション

  • 植物・藻類・昆虫から生産される代替タンパク質で、動物由来のタンパク質を置換する可能性
  • 代替タンパク質の主な分類方法:抽出に用いる原材料で区分
  • 歩留まり率・純度のばらつき:更なる普及の障害となる主な課題

第3章 技術分析:植物性タンパク質

  • 植物タンパク質:湿式/乾式抽出プロセスを使いて分離
  • 幅広い原料を使用して開発された、植物性タンパク質ベースの製品
  • 大豆・エンドウ豆タンパク質:植物性タンパク質の主要な供給源です
  • 小麦も注目を集める
  • 独自のタンパク質抽出プロセスを開発するステークホルダー
  • 利害関係者も幅広く利用可能な分離株
  • 植物性タンパク質の飲料での使用を検討

第4章 技術分析:昆虫ベースのタンパク質

  • 昆虫タンパク質:動物性タンパク質と同様のフレーバープロファイルを有する
  • 製パンに使用される昆虫タンパク質粉末
  • スポーツ栄養・エネルギーバーで使用するための昆虫タンパク質
  • 動物飼料や食品・飲料用途で使用するための昆虫タンパク質

第5章 技術分析:培養肉

  • 実験室で培養されたタンパク質:エンドユーザーの要件に応じて調整可能
  • 食品・飲料向けの培養肉
  • 幹細胞を使用して開発された培養肉
  • 遺伝子組み換えなしで培養肉を開発している企業が登場

第6章 技術分析:微生物ベースのタンパク質

  • 藻類タンパク質が微生物タンパク質の研究開発をリード
  • スナック、ベーカリー食品、飲料向け微生物タンパク質
  • 食品・飲料向けの微生物タンパク質
  • 食品開発のための微生物タンパク質
  • 成分として使用する微生物タンパク質

第7章 イノベーション指標

  • 中国:特許出願のリーダーとして台頭
  • 欧州:植物性タンパク質の特許活動の中核となる
  • アジア太平洋地域:昆虫タンパク質の特許活動でリード
  • 中国:微生物ベースのタンパク質のIP (知的所有権) に関して市場をリード
  • 培養肉関連の特許動向:2020~2021年にかけての特許活動の活発化
  • ベンチャーキャピタリスト:スタートアップの資金調達に積極的
  • 世界各国でのパートナーシップと合弁事業

第8章 アナリストの見解:成長機会

  • 代替タンパク質の成長機会:乳製品・セイボリー食品の領域が有力

第9章 主なコンタクト情報

目次
Product Code: D8F2

Growing Concerns About Health Risks And Increasing Consumer Focus On Wellness Driving Adoption of Alternate Proteins

The rise in demand for high quality protein is driving up livestock production, which can lead to increased pressures in land and water use, possible resource scarcity and even increase in green house gas emissions. Red meat, being a popular choice of protein can potentially cause health issues on regular consumption. In addition, there is a growing interest in healthier food choices of consumers across the globe. These have led to the growing interest for alternative protein sources, such as plant-based, microbial-based and edible insects. These commonly referred as ‘eco-friendly' protein sources, are being touted as viable solutions to current animal proteins and over-farming. These alternative protein sources also serve to fulfill religious and ethical considerations. It is also important to achieve a balance of multiple protein sources to ensure optimum nutrition.

It is also realized that while there is a wide range of alternative proteins being researched, challenges related to taste, texture and palatability still need to be overcome, especially for newer alternatives based on insects and cell culture.

This research service titled “Innovation Landscape of Protein Alternatives in the F&B Industry” discusses the recent developments in alternative proteins with a specific focus to the F&B industry that are being considered as viable alternatives for animal proteins sources.

Table of Contents

1.0 Executive Summary

  • 1.1. Research Scope
  • 1.2. Research Methodology
  • 1.3. Need for Alternative Proteins Driven by Changing Consumer Requirements

2.0 Introduction to Alternative Sources of Protein

  • 2.1. Alternative Proteins Produced from Plants, Algae and Insects Poised to Replace Animal Derived Proteins
  • 2.2. Alternative Proteins are Categorized Based on the Starting Sources Used for Extraction
  • 2.3. Variation in Yield and Purity are Key Challenges that Hinder Widespread Adoption

3.0 Technology Review-Plant-based Proteins

  • 3.1. Plant Proteins are Isolated Using Wet and Dry Extraction Processes
  • 3.2. Plant Protein-based Products Developed Using Wide Range of Sources
  • 3.3. Soy and Pea Protein are Key Sources of Plant Proteins Used for Product Development
  • 3.4. Wheat is Also Gaining Prominence as a Raw Material of Choice
  • 3.5. Stakeholders Developing Proprietary Processes for Protein Extraction
  • 3.6. Stakeholders are Also Developing Isolates with Wide Application Potential
  • 3.7. Plant Proteins are Being Considered for Use in Beverages

4.0 Technology Review-Insect-based Proteins

  • 4.1. Insect Proteins Have a Similar Flavor Profile to Animal Proteins
  • 4.2. Insect Protein Powders Being Used for Baking
  • 4.3. Insect Proteins for Use in Sports Nutrition and Energy Bars
  • 4.4. Insect Proteins for Use in Animal Feed and Food & Beverage Applications

5.0 Technology Review-Cultured/ Lab-Grown Meat

  • 5.1. Laboratory Cultured Proteins can be Tailored as per End-User Requirements
  • 5.2. Lab-grown Meat for Food & Beverage Applications
  • 5.3. Cultured Meat Developed Using Stem Cells
  • 5.4. Companies Developing Cultured Meat Without Genetic Modification are Witnessed

6.0 Technology Review-Microbial-based Proteins

  • 6.1. Algae Proteins Lead in R&D in Microbial Proteins
  • 6.2. Microbial Proteins for Snacks, Bakery & Beverage Applications
  • 6.3. Microbial Proteins for Food & Beverage Applications
  • 6.4. Microbial Proteins for Food Product Development
  • 6.5. Microbial Proteins for Use as Ingredients

7.0 Innovation Indicators

  • 7.1. China Emerging as a Leader in Patent Filing
  • 7.2. Global Patenting Activity for Plant Proteins is set to Shift Towards the European Region
  • 7.3. Asia-Pacific Leads in Patenting Activity for Insect Proteins
  • 7.4. China Leads the Market in Terms of IP for Microbial based Proteins
  • 7.5. Lab-Grown Meat will Experience a Steady Increase in Patenting Trends from 2020-2021
  • 7.6. Venture Capitalists Active on Funding Start-Ups
  • 7.7. Partnerships and Joint Ventures Witnessed Across the Globe

8.0 Analyst's Viewpoint: Growth Opportunities

  • 8.1. Growth Opportunities of Alternative Proteins Lies in Dairy and Savory Application Areas

9.0 Key Contacts

  • 9.1. Select List of Industry Contacts
  • Legal Disclaimer
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.