株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

バイオ界面活性剤における破壊的イノベーション

Disruptive Innovations in Biosurfactants

発行 Frost & Sullivan 商品コード 921056
出版日 ページ情報 英文 43 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=108.77円で換算しております。
バイオ界面活性剤における破壊的イノベーション Disruptive Innovations in Biosurfactants
出版日: 2019年12月30日 ページ情報: 英文 43 Pages
概要

バイオ界面活性剤は、従来の界面活性剤の魅力的な代替品になりつつあります。化粧品、パーソナルケア用品、農業などの応用分野における製品開発の努力が、非原油ベースの界面活性剤に移行した後、すでに満足のいく結果を得ているため、この移行は重要性を増しています。また、バイオ界面活性剤に対するR&Dの取り組みを支援している材料使用に関する規制の急な変化により、世界中で環境に優しい代替品の採用に向けた大きな推進力があります。

当レポートでは、油糧種子・穀物・昆虫・藻類・リグノセルロースなどの原料に基づいた、さまざまな種類のバイオ界面活性剤について調査分析し、技術力、製造プロセス、将来の見通しについて、体系的な情報を提供しています。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 技術のスナップショット

  • バイオ界面活性剤は、従来の界面活性剤よりも望ましい形態の界面活性剤
  • バイオ精製は、バイオ界面活性剤の製造方法として最も広く使用されている
  • 穀物由来のバイオマスは、バイオ界面活性剤の原料として最も広く採用されている
  • 油糧種子は、バイオ界面活性剤の製造に使用される従来の原料の1つ
  • リグノセルロースは、主な新興原料の種類の1つ
  • 昆虫は、バイオ界面活性剤の潜在的な原料として調査されている
  • 藻類は、バイオ界面活性剤の微生物合成用に考えられている
  • バイオ界面活性剤の採用は、その生分解性の特性により強化されている
  • バイオ界面活性剤の原料の調達は、合成界面活性剤と比較して費用効果が高い
  • 欧州地域は、厳しい規制により最大の採用可能性を秘めている

第3章 動向分析

  • ナノ技術ベースのバイオ界面活性剤に関するR&D活動が大幅に増加している
  • 特許動向は、消費者製品セグメントにおけるバイオ界面活性剤の需要の増加に牽引されている
  • 主な産業イノベーション
  • バイオ界面活性剤の微生物培養は、欧州地域で採用されている
  • 欧州地域は、バイオ精製の大幅な拡大により、最高の資金調達活動を行っている

第4章 応用情勢

  • バイオ界面活性剤の主な応用分野
  • 規制は、化粧品部門でのバイオ界面活性剤の採用に重要な役割を果たす
  • バイオ界面活性剤は、強化された石油回収 (EOR) 用途で主要な役割を果たす
  • バイオ界面活性剤の生分解性により、産業用洗浄部門での採用の可能性が向上
  • バイオ界面活性剤は、植物栄養素のバイオアベイラビリティを大幅に改善
  • バイオ界面活性剤の採用により、パーソナルケア製剤の合成の必要性を大幅に減らすことが可能

第5章 技術のベンチマーキング

  • ベンチマーキングの規定
  • 化粧品部門は、最も高い応用可能性がある
  • 化粧品部門は、持続可能製品への注目が高まっているため、高い採用の可能性がある

第6章 主な連絡先

第7章 付録

目次
Product Code: D8F7

Biosurfactants Have the Highest Adoption Potential for Cosmetics and Oil and Gas Sector

Biosurfactants are becoming an attractive alternative for conventional surfactants. This transition is gaining importance as product developmental efforts in application areas such as cosmetics, personal care, and agriculture have already received satisfying results after shifting toward non-crude-based surfactants. There is also a significant push toward adoption of eco-friendly alternatives across the globe owing to rapid changes in regulations around material use that is aiding the R&D efforts towards biosurfactants.

This research service titled, “Disruptive Innovations in Biosurfactants,” provides an understanding of various types of forms of biosurfactants based on feedstocks such as, oil seed-based, cereals, insects, algae, and lignocellulose. This research service describes the technology capabilities, manufacturing processes, and future prospects in development of biosurfactants. Additionally, it also captures the various factors that influence adoption and the application prospects in various industries. This research service also highlights the disruptive innovations that will enable the use of biosurfactants to meet the needs of various applications.

Table of Contents

1.0. Executive Summary

  • 1.1. Research Scope
  • 1.2. Research Methodology
  • 1.3. Key Findings
  • 1.4. Factors Influencing the Adoption of Biosurfactants

2.0. Technology Snapshot

  • 2.1. Biosurfactants Are More Desirable Forms of Surfactants than Conventional Surfactants
  • 2.2. Biorefining is the Most Widely Used Manufacturing Method for Biosurfactants
  • 2.3. Biomass Derived from Cereals are the Most Widely Adopted Feedstock for Biosurfactants
  • 2.4. Oilseed is One of the Conventional Feestocks Used for Manufacturing Biosurfactants
  • 2.5. Lignocellulose is One of the Key Emerging Feedstock Types
  • 2.6. Insects are Being Investigated as a Potential Feedstock for Biosurfactants
  • 2.7. Algae is Being Considered for Microbial Synthesis of Biosurfactants
  • 2.8. Adoption of Biosurfactants is Enhanced by their Biodegradability Characteristics
  • 2.9. Sourcing of Raw Materials for Biosurfactants is Cost-effective Compared to Synthetic Surfactants
  • 2.10. European Region has the Highest Adoption Potential Owing to Stringent Regulations

3.0. Trend Analysis

  • 3.1. R&D Activity Around Nanotechnology-based Biosurfactants is Increasing Significantly
  • 3.2. Patenting Trends are Driven By the increasing Demand for Biosurfactants in Consumer Products Segment
  • 3.3. Key Industrial Innovations
  • 3.4. Microbial Culturing of Biosurfactants is Gaining Adoption in the European Region
  • 3.5. European Region has the Highest Funding Activity Owing to Significant Biorefinery Expansion

4.0. Application Landscape

  • 4.1. Key Application Areas for Biosurfactants
  • 4.2. Regulations Play a Critical Role for the Adoption of Biosurfactants in the Cosmetics Sector
  • 4.3. Biosurfactants will Play a Major Role in Enhanced Oil Recovery Applications
  • 4.4. Biodegradability of Biosurfactant has Improved Adoption Potential in Industrial Cleaning Sector
  • 4.5. Biosurfactants will Significantly Improve the Bioavailability of Plant Nutrients
  • 4.6. Adoption of Biosurfactants can Significantly Reduce the Need for Synthetics in Personal Care Formulations

5.0. Technology Benchmarking

  • 5.1. Benchmarking Rubrics
  • 5.2. Cosmetics Sector is Observed to have the Highest Application Potential
  • 5.3. Cosmetics Sector is Observed to have a High Adoption Potential Owing to Increasing Focus on Sustainable Products

6. Key Contacts

  • 6.1. Key Contacts

7. Appendix

  • 7.1. Benchmarking Matrix Data-I
  • 7.2. Benchmarking Matrix Data-II
  • Legal Disclaimer