表紙
市場調査レポート

防衛・セキュリティにおけるビッグデータ

Big Data in Defence and Security

発行 Frost & Sullivan 商品コード 340654
出版日 ページ情報 英文 15 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.55円で換算しております。
Back to Top
防衛・セキュリティにおけるビッグデータ Big Data in Defence and Security
出版日: 2015年09月24日 ページ情報: 英文 15 Pages
概要

当レポートでは、防衛・セキュリティにおけるビッグデータについて取り上げ、知能増幅 (IA) に焦点を当てて、その定義と、防衛・セキュリティ環境における知能増幅 (IA) の達成方法について、体系的な情報を提供しています。

不定の定義:ビッグデータとは

知能増幅 (IA) :ビッグデータの促進要因

  • オープンソースインテリジェンス (OSINT)
  • アクティビティベースインテリジェンス
  • ディープラーニング (深層学習)

A&Dにおけるビッグデータ

  • 防衛
  • 法執行機関

課題と将来

免責事項

Frost & Sullivanについて

目次
Product Code: 9831-00-4F-00-00

From the User's Perspective

As the hype continues around Big Data, its ambiguous nature continues to obscure the potential applications of the technology. Clarity is beginning to emerge within the A&D community about how Big Data can be leveraged for 'intelligence amplification' and companies are beginning to respond. This research aims to define these emerging applications and how intelligence amplification can be achieved in a defense and security environment. The research service has considered Open Source Intelligence, Activity-based Intelligence, and Deep Learning.

Table of Contents

An Indefinite Definition: What is Big Data?

Intelligence Amplification: What has Driven Big Data?

  • Open Source Intelligence
  • Activity-based Intelligence
  • Deep Learning

Big Data in the Context of A&D

  • Defence
  • Law Enforcement

Challenges and the Future

Legal Disclaimer

The Frost & Sullivan Story

Back to Top