表紙
市場調査レポート

HTML5とQt - 連携と衝突

HTML5 and Qt - Cooperation or Conflict

発行 Frost & Sullivan 商品コード 339800
出版日 ページ情報 英文 43 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.50円で換算しております。
Back to Top
HTML5とQt - 連携と衝突 HTML5 and Qt - Cooperation or Conflict
出版日: 2015年09月16日 ページ情報: 英文 43 Pages
概要

ネット接続型自動車の複合化が進んでいます。ドライバーはスマートフォンと同様のネット接続機能を自動車にも期待するようになっており、自動車メーカーは安全・安心なシステムの構築と、豊かなグラフィック性と直感的な使いやすさの保証を求められています。HTML5とQtは、自動車におけるネット接続システム開発に極めて重要なソリューションです。いずれも開発者向けのユニークなツールで、今日の自動車で広く採用されています。

当レポートは、HTML5とQtのメリット・デメリット、自動車における主な使用事例などについて取り上げています。

第1章 エグゼクティブサマリー

  • 主な調査結果と予測
  • デメリットを抑えるHTML5とQtのメリット
  • かさむネット接続型自動車の開発コスト
  • Qtソリューションが提供する開発者が扱いやすいツール
  • 自動車内電子製品が押し上げる自動車メーカーのコスト
  • 自動車メーカーにとって何より重要な安全性
  • 結論と予測

第2章 調査の範囲、目的、背景、調査手法

  • 調査範囲
  • 調査の狙いと目的
  • 当レポートが答える主な疑問
  • 調査の背景
  • 調査手法

第3章 HTML5

  • 今日のテクノロジーに溢れるHTML
  • 事例の少ない自動車におけるHTML5の使用
  • 期待に応えはじめたHTML5
  • ケーススタディ:OpenCar
  • ケーススタディ:Obigo
  • ケーススタディ:M-Way
  • HTML5の導入率を引き上げるマス市場のOEM

第4章 Qt

  • HTML5と異なり商用提供されるQt
  • 開発者が称賛するQtのアドオン
  • グラフィックなどのニッチ利用を可能にする小さなフットプリント
  • Qtの究極のゴールとなるユーザーエクスペリエンスの向上
  • ケーススタディ:QNX
  • 自動車内の新たなネット接続スペースに参入するQNX
  • QXNはリアシートスクリーンなどの新たな自動車内ソリューションのQtを使用
  • QXNがQtの成長や付随サプライヤを後押し

第5章 結論

  • 類似するツールや属性を持つQtとHTML5
  • QtとHTML5のともに明るい展望
  • 結論 - 3大予想
  • 法的免責事項

第6章 付属資料

目次
Product Code: NEE8-18

Connected Vehicles to Provide the Driver with the Best Option-For Infotainment Systems, that may be Multiple Solutions

The connected car is becoming increasingly complex. Drivers are beginning to expect the same type of connectivity in their vehicle as they receive with their smartphones. Automakers are faced with creating a safe and secure system while ensuring drivers have rich graphics and intuitive usability. HTML5 and Qt will be critical solutions that are used to develop connected systems within the vehicle. Both solutions provide unique tools for developers and both solutions are widely adopted in today's vehicles. Frost & Sullivan analyzes the pros and cons for each development tool along with key in-vehicle use cases.

Key Questions this Study will Answer

  • How does the HTML5 solution fit in the vehicle?
  • What are the alternative solutions in the infotainment software market?
  • Do the various solutions reduce driver distraction?
  • Who will come out on top in the infotainment software space?
  • What challenges will arise for this niche market?

Table of Contents

1. EXECUTIVE SUMMARY

  • 1. Key Findings and Predictions
  • 2. Advantages for Both Qt and HTML5 Outweigh the Cons
  • 3. Automotive Development Costs are High for Today's Connected Car
  • 4. Qt Solutions Give Developers Easy-to-Use Tools
  • 5. In-Vehicle Electronics Causing Increased Costs for Automakers
  • 6. Safety is and Always will be Critical Focus for Automakers
  • 7. Conclusions and Predictions

2. RESEARCH SCOPE, OBJECTIVES, BACKGROUND, AND METHODOLOGY

  • 1. Research Scope
  • 2. Research Aims and Objectives
  • 3. Key Questions this Study will Answer
  • 4. Research Background
  • 5. Research Methodology

3. HTML5

  • 1. HTML is Everywhere in Today's Technology
  • 2. Use Cases for HTML5 in the Vehicle are Few
  • 3. HTML5 is Beginning to Live up to its Hype
  • 4. OpenCar Case Study
  • 5. OpenCar Case Study (continued)
  • 6. Obigo Case Study
  • 7. Obigo Case Study (continued)
  • 8. M-Way Case Study
  • 9. Mass-market OEMs are Helping Drive HTML5 Adoption Rates

4. QT

  • 1. Qt, Unlike HTML5 is a Privately-owned Technology
  • 2. Developers Praise Qt for its Helpful Add-ons
  • 3. Qt's Smaller Footprint Allows for Niche Uses, such as Graphics
  • 4. Improving the User Experience will be Qt's Ultimate Goal
  • 5. QNX Case Study
  • 6. QNX is Entering New Connected Spaces Inside the Vehicle
  • 7. QNX uses Qt for its New In-vehicle Solutions such as Rear-seat Screens
  • 8. QNX Drives Qt Growth and Additional Suppliers will Jump On-board

5. CONCLUSIONS

  • 1. Qt and HTML5 have Similar Tools and Attributes
  • 2. Qt and HTML5 Both have Positive Future Outlooks
  • 3. The Last Word-3 Big Predictions
  • 4. Legal Disclaimer

6. APPENDIX

  • 1. Abbreviations and Acronyms Used
  • 2. Methodology
Back to Top