株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

ステアリングの技術開発の主な注目領域:戦略的分析

Strategic Analysis of Key Focus Areas for Steering Technology Development

発行 Frost & Sullivan 商品コード 319480
出版日 ページ情報 英文 60 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=114.71円で換算しております。
Back to Top
ステアリングの技術開発の主な注目領域:戦略的分析 Strategic Analysis of Key Focus Areas for Steering Technology Development
出版日: 2014年11月17日 ページ情報: 英文 60 Pages
概要

電動式パワーステアリング(EPS)は今後、自動車のどのプラットフォームにも標準装備されるでしょう。現在開発中の機能がまだ幾つかありますが、それが今後は、ドライバーの安全性向上といったメリットをもたらすでしょう。内蔵センサー・カメラから収集された膨大なデータを用いて、様々な状況に応じた運転支援機能(車線維持機能、横風補正機能など)がドライバーに提供されるようになるでしょう。同時に、EPSの運用上の上限が13kN(キロニュートン)以上に拡張し、大型乗用車や小型商用車、ピックアップでもEPSが利用可能となります。さらに、超低コスト型・コラム式EPSが低価格用オプションとして登場する見通しです。

当レポートでは、電動式パワーステアリング(以下EPS)の最新の技術開発動向と今後の活用見通しについて分析し、現在の主な技術的課題やその解決案、特に開発が進んでいる分野と今後の市場機会、主要企業の開発事例(ベストプラクティス)といった情報をお届けします。

当レポートは、以下の疑問にお答えいたします。

  • 「支援損失の緩和」(loss-of-assist mitigation)は、純正SBWシステムを有する自動車メーカーでは大きな役割を果たすのか?
  • 現在の最先端のEPS機能のうちどれが、将来のEPS構造の基礎的機能となるのか?
  • 超低コスト型コラム式EPSは、標準型コラムEPSとどう違うのか?
  • 「15kNの壁」(前軸の負荷限界)を乗り越えるために使われた技法とは何か?
  • SBW(ステア・バイ・ワイヤ)技術は、将来もステアリング技術の主流となるのか?

第1章 エグゼクティブサマリー

  • 主な調査結果
  • 主な調査結果および将来の展望
  • エグゼクティブサマリー:関連マルチメディア

第2章 調査範囲・目的・背景・手法

  • 調査展望
  • 調査目的および目的
  • 本調査が取り扱う主な疑問点
  • 調査の背景
  • 調査手法
  • 当レポートの比較対象の主要OEMグループ・サプライヤー

第3章 ステアリングシステム:定義および区分

  • ステアリングシステム:技術/システム概要
  • ステアリングシステム:技術/システムの範囲と定義

第4章 喪失の支援緩和

  • 支援喪失の緩和:サマリー
  • 支援喪失の緩和に関連する主な技術的要素
  • 技術的代替策とその主な特性
  • 支援喪失の緩和用ソリューション
  • パワーステアリングの支援喪失の緩和のためのアプローチおよび代替策
  • 既存ハードウェアの冗長性を活用した、支援喪失の緩和方法
  • ハードウェアの追加部品を用いた、支援喪失の緩和方法
  • ソフトウェアおよび制御ロジックを用いた、支援喪失の緩和方法

第5章 高度EPS機能

  • EPS機能:サマリー
  • OEM各社が発売した、高度EPSの主要機能
  • ケーススタディ:FordのEPS機能
  • ベストプラクティス:Fordの牽引ドリフト補正機能
  • ベストプラクティス:Fordのアクティブ駐車支援機能
  • ベストプラクティス:Fordの車線維持システム
  • ベストプラクティス:Fordの車線維持システムへのトルク介入

第6章 超低コスト型コラムEPS

  • 超低コスト型コラムEPS:サマリー
  • 超低コスト型コラムEPSに関してOEM各社が採用している主なアプローチ
  • 低コスト面での主導権と提携の強みとの比較
  • 超低コスト型CEPSの採用
  • 超低コストのCEPSのための性能特性

第7章 大型車用EPS

  • 大型車用EPS:サマリー
  • 大型車用EPSと関連のある、主な採用推進因子
  • 技術的代替策とその主な特性
  • 摩擦負荷に基づいたEPSのサイズ設定

第8章 ステアバイワイヤ(SBW)

  • SBW:サマリー
  • SBWと関連のある、主な採用推進因子
  • 技術的代替策とその主な特性
  • Infiniti Q50の操舵装置

第9章 結論および将来展望:市場全体の場合

  • 主な結論および将来の展望
  • 結論- 三大予測
  • 法的免責事項

第10章 付録

目次
Product Code: M989-01-00-00-00

Advanced Steering Solutions for Challenges in Manual and Automated Driving

"Electric power steering (EPS) is going to be a standard fitment across all platforms in the near future. There are supplementary functions currently under development, which would exploit the benefits offered by EPS in order to provide added safety to the driver. The vast data collected by the installed sensors and cameras would aid in improving the assistance provided to the driver in various situations, such as lane departure and cross-winds compensation. At the same time, the operational limit of EPS is being stretched beyond 13 kN to incorporate heavy passenger vehicles, light commercial vehicles, and pickups. Simultaneously, technologies such as ultra-low-cost column EPS cater to the emerging markets in need of a cheaper alternative."

Key Questions This Study Will Answer

  • Will loss-of-assist mitigation play a major role in providing the automotive industry with a pure-play steer-by-wire system?
  • Which of today's advanced EPS functions will become the base functions of future EPS architecture?
  • How different is an ultra low-cost column EPS from a standard column EPS?
  • What are the techniques used to surpass the 15 kN front axle load limit?
  • Will steer-by-wire be the mainstay in steering technologies in the coming years?

Table of Contents

1. EXECUTIVE SUMMARY

Executive Summary

  • 1. Key Findings
  • 2. Key Findings and Future Outlook
  • 3. Executive Summary-Associated Multimedia

2. RESEARCH SCOPE, OBJECTIVES, BACKGROUND, AND METHODOLOGY

Research Scope, Objectives, Background, and Methodology

  • 1. Research Scope
  • 2. Research Aims and Objectives
  • 3. Key Questions This Study Will Answer
  • 4. Research Background
  • 5. Research Methodology
  • 6. Key OEMs Group and Suppliers Compared in This Study

3. STEERING SYSTEMS-DEFINITIONS AND SEGMENTATION

Steering Systems-Definitions and Segmentation

  • 1. Steering System-Technology/System Overview
  • 2. Steering System-Technology/System Scope and Definition
  • 3. Steering System-Technology/System Scope and Definition (continued)

4. LOSS-OF-ASSIST MITIGATION

Loss-of-Assist Mitigation

  • 1. Loss-of-Assist Mitigation-Summary
  • 2. Key Technology Factors Associated with Loss-of-Assist Mitigation
  • 3. Technology Alternatives and Key Attributes
  • 4. Loss-of-Assist Mitigation Solutions
  • 5. Approaches and Alternatives to Mitigate Loss of Power Steering Assist
  • 6. Loss-of-Assist Mitigation Using Redundancy in Existing Hardware
  • 7. Loss-of-Assist Mitigation Using Hardware Add-ons
  • 8. Loss-of-Assist Mitigation Using Software and Control Logic

5. ADVANCED EPS FUNCTIONS

Advanced EPS Functions

  • 1. EPS Functions-Summary
  • 2. Key Types of Advanced EPS Functions Launched by OEMs
  • 3. Case Study-Ford's EPS Functions
  • 4. Best Practice Case Study-Ford's Pull-drift Compensation Function
  • 5. Best Practice Case Study-Ford's Active Park Assist Functions
  • 6. Best Practice Case Study-Ford's Lane Keeping System
  • 7. Case Study-Ford's Lane Keeping System Torque Intervention
  • 8. Case Study-Ford's Lane-Keeping System Torque Intervention (continued)

6. ULTRA LOW-COST COLUMN EPS

Ultra Low-cost Column EPS

  • 1. Ultra Low-cost Column EPS Systems-Summary
  • 2. Key Approaches Adopted by OEMs for Ultra Low-cost Column EPS
  • 3. Low-cost Leadership versus Strength of Alliance
  • 4. Ultra Low-cost CEPS Adoption
  • 5. Performance Attributes for Ultra Low-cost CEPS

7. HEAVY-DUTY EPS

Heavy-duty EPS

  • 1. Heavy-duty EPS-Summary
  • 2. Key Adoption Drivers Associated with Heavy-duty EPS
  • 3. Technology Alternatives and Key Attributes
  • 4. EPS Sizing Based on Friction Load

8. STEER-BY-WIRE

Steer-by-Wire

  • 1. Steer-by-wire-Summary
  • 2. Key Adoption Drivers Associated with Steer-by-wire
  • 3. Technology Alternatives and Key Attributes
  • 4. Infiniti Q50 Steering Arrangement

9. CONCLUSIONS AND FUTURE OUTLOOK-TOTAL MARKET

Conclusions and Future Outlook-Total Market

  • 1. Key Conclusions and Future Outlook
  • 2. The Last Word-3 Big Predictions
  • 3. Legal Disclaimer

10. APPENDIX

Appendix

  • 1. Abbreviations and Acronyms Used
  • 2. Relevant Research
  • 3. Methodology
Back to Top