表紙
市場調査レポート

米国消費者の安全システムへの態度・意識

2010 US Consumers' Attitudes and Perceptions of Vehicle Safety

発行 Frost & Sullivan 商品コード 294577
出版日 ページ情報 英文 145 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.50円で換算しております。
Back to Top
米国消費者の安全システムへの態度・意識 2010 US Consumers' Attitudes and Perceptions of Vehicle Safety
出版日: 2014年01月31日 ページ情報: 英文 145 Pages
概要

米国の消費者が新車を購入する際、信頼性と安全性を最重要項目と考えています。購入客の大半が安全性機能に追加的に支出して、事故時の乗員の安全性を維持したいと考えています。更に、緊急時には安全システムが車両を制御・運転する、というアイデアを支持する消費者も多いのですが、オーバーライド機能付き自動運転システムを求める意見も根強いです。全体的には、警告システムが安全技術の中でも最重要と考えられています。

当レポートでは、米国の消費者が自動車の安全システム(安全系、セーフティシステム)に対して抱いている意識や満足度、選好、購入時の影響要因、購入意欲、現在の運転環境・行動などを調査して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

分析の目的・手法

エグゼクティブ・サマリーと分析結果

運転行動と事故の頻度

車両購入時における安全性の重要度・優先順位

運転時の脆弱性

運転制御・ドライバー警告装置に対する選好

安全システムの認知度

安全性評価組織/制度の認知度と影響力

車両購入時における安全システムの影響力

一体型安全システムの購入の可能性

概念・製品への選好度の推計:MaxDiff分析

付録

  • 車両購入時における安全システムの影響力
  • 安全技術の購入可能性:ドライバーの潜在的リスクの警告・通報関連
  • 安全技術の購入可能性:運転支援・衝突回避関連
  • 安全技術の購入可能性:予見的・地図ベース情報支援関連
  • 安全技術の購入可能性:エアバッグ(高度補助拘束装置)関連
  • 価格反応度の分析
  • 人口構造

Frost & Sullivanについて

目次
Product Code: NCB1

Desirability and Willingness to Pay for Safety Systems

The primary aim of this study is to understand the driving environments and behaviors; to evaluate consumer perception, satisfaction, purchase influences, and preferences; and to assess their willingness to pay for safety features. Overall, when purchasing a new vehicle, vehicle owners place highest importance on reliability and safety. The majority of respondents would allocate additional funds to safety features protecting occupants of the vehicle during an accident. Moreover, they like the idea of a vehicle's safety systems taking control over driving operations in emergency situations but they would prefer automatic control with override. Overall, warning occurrences are the most important part of safety technologies.

Table of Contents

  • Research Objectives and Methods
  • Executive Summary and Implications
  • Driving Behavior and Accident Frequency
  • Safety Purchase Influences and Priorities
  • Driving Vulnerabilities
  • Driving Control and Driver Warning Preferences
  • Awareness of Safety Systems
  • Awareness and Influence of Safety Ratings Organizations/Systems
  • Impact of Safety Systems on Vehicle Purchase
  • Purchase Likelihood of Integrated Safety Systems
  • Concept Product Preference Estimation-MaxDiff Analysis
  • Appendices
    • Impact of Safety Systems on Vehicle Purchase
    • Purchase Likelihood of Safety Technologies That Warn/Inform Drivers of Potential Risks
    • Purchase Likelihood of Safety Technologies That Provide Drivers with Assistance and Collision Avoidance
    • Purchase Likelihood of Safety Technologies That Offer Predictive and Map-based Information Assistance
    • Purchase Likelihood of Safety Technologies That Offer Advanced Supplemental Restraint Systems
    • Price Sensitivity Analysis
    • Demographics
  • The Frost & Sullivan Story
Back to Top