市場調査レポート

ペイメントにおけるプライバシーの保護:世界のセキュリティ状況

Payment Privacy Protection - Global Security Implications

発行 Frost & Sullivan 商品コード 292211
出版日 ページ情報 英文 45 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.39円で換算しております。
Back to Top
ペイメントにおけるプライバシーの保護:世界のセキュリティ状況 Payment Privacy Protection - Global Security Implications
出版日: 2013年12月16日 ページ情報: 英文 45 Pages
概要

2012年においてペイメント詐欺(不正利用)は欧州全体で引き続き増加しています。フランスと英国は最も有名なターゲット市場地域となりました。スマートフォンとタブレットの増加は、人々が専門・個人的な通信デバイス利用法を変化させています。ペイメントプロセスにおいて、特にCNPペイメント間のリスクは高くなっています。

当レポートでは、世界のペイメントプライバシー市場の概要および主要動向について調査し、モバイル取引のセキュリティリスクを評価しており、更にID管理(IAM)の主な成功因子を明らかにし、安全なペイメントソリューションの実行を目指す組織へ戦略的提言を提供しており、概略以下の構成でお届けします。

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 カード詐欺:世界の概要

第3章 モバイルデバイス保証の必要性

第4章 ソフトウェア・ハードウェアを組み合わせたアプローチ

第5章 IDアクセス管理のアプローチ

第6章 結論

第7章 付録

第8章 Frost & Sullivan について

目次
Product Code: MA08

Securing Identification During the Payment Process

Payment fraud continued to increase across Europe in 2012. France and the United Kingdom were the most notable market regions targeted. The increase of smartphones and tablets has changed the way people use professional and personal communication devices. During the payment process, risks are high, especially during a card not present (CNP) payment. This market insight presents an overview of the key trends in the payment privacy market and assesses security risks for mobile transactions. Further, the study highlights the key success factors for identity access management (IAM), and provides strategic recommendations for organizations that want to implement a secure payment solution.

Table of Contents

  • 1. Executive Summary
  • 2. Card Fraud: A Global Overview
  • 3. The Need to Secure Mobile Devices
  • 4. Combined Software and Hardware Approach
  • 5. An Identity Access Management Approach
  • 6. Conclusions
  • 7. Appendix
  • 8. The Frost & Sullivan Story
Back to Top