表紙
市場調査レポート

動的なUC(ユニファイドコミュニケーション)インフラにおける災害回復・事業継続性の確保

Ensuring Disaster Recovery and Business Continuation in a Dynamic UC Infrastructure

発行 Frost & Sullivan 商品コード 290431
出版日 ページ情報 英文 13 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=104.18円で換算しております。
Back to Top
動的なUC(ユニファイドコミュニケーション)インフラにおける災害回復・事業継続性の確保 Ensuring Disaster Recovery and Business Continuation in a Dynamic UC Infrastructure
出版日: 2013年11月22日 ページ情報: 英文 13 Pages
概要

従来型のTDM PBXからIPベースのUCプラットフォームへの移行は、通信ネットワーク構造の大幅な変化を意味します。ただし、各組織がこの次世代の通信プラットフォームを導入するに当たっては、既存の災害復旧・事業継続(DR/BC)プランの再評価もまた実施されなければなりません。既存のソリューションと比べて、最新のUC環境における技術は弾力性と柔軟性に富んだインフラを提供しますが、その回復には従来とはことなるアプローチが必要となります。

当レポートでは、最新式のダイナミックなUC(ユニファイドコミュニケーション)環境下における災害回復・事業継続(DR/BC)機能の確保について調査・考察し、その結果を概略以下の構成でお届けします。

イントロダクション

SIP(セッション開始プロトコル)トランキングによる動的な災害復旧・事業継続(DR/BC)オプションの実現

仮想化によるクラウド復旧の実現

ホステッドUCソリューションによる弾力性の獲得

結論

法的免責事項

Frost & Sullivanについて

目次
Product Code: 9847 Segment 107

Migration from traditional TDM PBXs to IP-based unified communications platforms represents a significant shift in the communications network architecture. As organizations embrace this next generation of communications platforms, however, a reassessment of existing disaster recovery and business continuity (DR/BC) plans must also be undertaken. Compared to legacy solutions, the technologies in a modern UC environment offer a more resilient and flexible infrastructure, but require a different approach to recovery.

Table of Contents

  • Introduction
  • SIP Trunking Enables Dynamic DR/BC Options.
  • Virtualization Enables Cloud Recovery
  • Achieving Resiliency with Hosted UC Solutions
  • Conclusions
  • Legal Disclaimer
  • The Frost & Sullivan Story
Back to Top