市場調査レポート

世界のqPCR・dPCR機器類および消耗品の購入動向

Global Quantitative and dPCR Instrumentation and Consumables Purchasing Trends

発行 Frost & Sullivan 商品コード 256363
出版日 ページ情報 英文 79 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=106.12円で換算しております。
Back to Top
世界のqPCR・dPCR機器類および消耗品の購入動向 Global Quantitative and dPCR Instrumentation and Consumables Purchasing Trends
出版日: 2012年11月26日 ページ情報: 英文 79 Pages
概要

当レポートでは、世界における定量的ポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)技術の動向について調査し、特に新生のデジタルPCR(dPCR)技術と成熟したリアルタイムqPCR技術を比較しており、qPCR・dPCRの現在・将来における用途の違い、使用ブランド、将来の利用動向、機器類選択にあたっての影響因子などをまとめ、概略以下の構成でお届けいたします。

第1章 調査背景・目的・手法・企業統計

  • qPCR・dPCR機器類および消耗品の利用頻度

第2章 エグゼクティブサマリー・予測

第3章 デジタルPCR・リアルタイムPCRの影響

  • リアルタイムvs.デジタル:新らしいほど優位?
  • qPCRおよびdPCR法の実行頻度:リアルタイムvs.デジタル
  • リアルタイムPCR選択の影響因子
  • リアルタイムPCR影響因子がデジタルPCRに及ぼす影響
  • リアルタイムPCRシステムのコスト予測
  • リアルタイムPCRシステムのコスト予測:組織タイプ別
  • リアルタイムPCRとデジタルPCR間のコスト比較
  • 現在のリアルタイムPCR機器を嫌うリアルタイムPCRワークフローにおける改善の必要性の認識
  • リアルタイムPCRより優れたデジタルPCRのメリット
  • デジタルPCRに関するアンメットニーズ
  • デジタルPCRの購入理由
  • サマリー:デジタルPCRがリアルタイムPCRに及ぼす影響

第4章 定量的(リアルタイム)PCR利用の詳細

  • リアルタイムPCRのアウトソーシング詳細
  • 主に利用されるリアルタイムPCRブランド/モデルの利用詳細
  • 現在設置されているリアルタイムPCRシステムの平均数
  • 将来のバイオラジカルリアルタイムPCRユーザーの詳細

第5章 定量的(リアルタイム)PCRアプリケーション・反応の詳細

  • 定量的PCRアプリケーション:現在・将来
  • 反応数の予測動向
  • リアルタイムPCR消耗品のラボ予算
  • 過去1年間で使用された主要なリアルタイムPCR製品サプライヤー
  • 利用された主要リアルタイムPCR製品サプライヤーの全体的なエクスペリエンス評価
  • リアルタイムPCRについての信頼/態度

第6章 デジタルPCRの利用・将来の目的の詳細

  • デジタルPCRブランド/モデルの利用詳細:現在のdPCRユーザー
  • 利用予定のデジタルPCRブランド:将来のユーザー

第7章  Frost & Sullivan について

目次
Product Code: NBA4

Abstract

Opportunities Within Organizations

The primary objective of this research is to identify trends for quantitative polymerase chain reaction (PCR) techniques, specifically the use of nascent digital PCR (dPCR) technology in comparison with the mature real-time quantitative PCR (qPCR) technology. The research strives to compare differences of current and future use between qPCR and dPCR; identify dPCR and dPCR technology brand use and future use trends; evaluate currently used qPCR and dPCR technology brands; identify influential factors contributing to qPCR and dPCR instrument selection; and determine for which applications and reactions researchers use qPCR and qPCR technologies.

Table of Contents

  • 1. Research Background, Objectives, Methods, and Firmographics
    • Frequency of qPCR and dPCR Instruments and Consumable Usage
  • 2. Executive Summary and Implications
  • 3. The Impact of Digital PCR and Real-time PCR
    • Real-time versus Digital: Does Newer Mean Domination?
    • Frequency of Performing qPCR and dPCR Assays: Real-time versus Digital
    • Influencing Factors on Real-time PCR Selection
    • The Impact of Real-time PCR Influential Factors on Digital PCR
    • Cost Expectations for Real-time PCR Systems
    • Cost Expectations for Real-time PCR Systems by Organization Types
    • Cost Expectations Between Real-time PCR and Digital PCR
    • Recognizing the Need for Improvements in the Real-time PCR WorkflowRecognizing Dislikes in Current Real-time PCR Instruments
    • Advantages of Digital PCR Over Real-time PCR
    • Unmet Needs Regarding Digital PCR
    • Reasons to Purchase Digital PCR - Verbatim Comments
    • Summary: The Impact of Digital PCR on Real-time PCR
  • 4. Quantitative (Real-time) PCR Usage Details
    • Outsourcing Details for Real-time PCR
    • Usage Details of Top Used Real-time PCR Brands/Models
    • Mean Number of Real-time PCR Systems Currently Installed
    • Usage Details of Future Bio-Rad Real-time PCR Users
  • 5. Quantitative (Real-time) PCR Applications and Reactions Details
    • Quantitative PCR Applications: Current and Future
    • Anticipated Trend of the Number of Reactions on 2013
    • Laboratories' 2012 Budget for Real-time PCR Consumables
    • Top Real-time PCR Product Suppliers Used Within the Past Year
    • Overall Experience Ratings of Top Used Real-time PCR Product Suppliers
    • Beliefs/Attitudes Toward Real-time PCR
  • 6. Digital PCR Usage and Future Intention Details
    • Usage Details of Digital PCR Brands/Models: Among Current dPCR Users
    • Planned Digital PCR Brands Used: Among Future Users
  • 7. The Frost & Sullivan Story
Back to Top