市場調査レポート

世界の材料検査装置市場の分析

Analysis of the Material Testing Equipment Market

発行 Frost & Sullivan 商品コード 228010
出版日 ページ情報 英文 145 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
本日の銀行送金レート: 1USD=101.75円で換算しております。
Back to Top
世界の材料検査装置市場の分析 Analysis of the Material Testing Equipment Market
出版日: 2012年01月06日 ページ情報: 英文 145 Pages
概要

2008〜2009年の世界的な経済危機に際して、材料検査装置市場も顧客の検査・品質管理費用の削減の影響で苦しい状況に陥りました。しかしそれ以降は、世界経済の回復や新興国市場の急成長に伴い、既存・新規顧客からの受注により大幅に回復しています。

当レポートでは、全世界の材料試験機の市場について分析し、全体的な市場構造(市場促進・阻害要因、市場競争動向など)や、主要製品および各地域単位での詳細動向などを調査・推計して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

エグゼクティブ・サマリー

市場概況

材料検査装置市場全般

  • 外部からの影響:市場促進・阻害要因
  • 市場の予測と傾向
  • 市場シェアと競争分析
  • メガトレンドと産業統合の影響

万能試験機部門の詳細分析

油圧サーボ機部門の詳細分析

硬度試験装置部門の詳細分析

衝撃試験装置部門の詳細分析

北米市場の詳細分析

欧州市場の詳細分析

アジア太平洋地域市場の詳細分析

その他の地域の市場の詳細分析

結論(分析結果とその意味)

付録

目次
Product Code: N9D4-01-00-00-00

Abstract

2009 was one of the most difficult years for the global economy, the material test equipment market being no exception, witnessing a strong decline in revenues. During the 2008-2009 downturn, with economic uncertainty looming, key test equipment end users were forced to cut down on their testing and quality control budgets as well as new equipment purchases. Since then however, the market has demonstrated a strong recovery with traditional as well as emerging end user segments driving new equipment sales. Currently the market is poised for robust development as global markets stabilize and industrial activity among emerging economies continues at a rapid pace.

Table of Contents

Executive Summary

Market Overview

  • Total Material Testing Equipment Market
    • External Challenges: Drivers and Restraints
    • Forecasts and Trends
    • Market Share and Competitive Analysis
    • Mega Trends and Industry Convergence Implications

Universal Testing Machines Segment Breakdown

Servohydraulic Testing Machines Segment Breakdown

Hardness Test Equipment Segment Breakdown

Impact Test Equipment Segment Breakdown

North America Breakdown

Europe Breakdown

Asia Pacific Breakdown

Rest of World Breakdown

The Last Word (Conclusions and Implications)

Appendix

Back to Top