株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
市場調査レポート

コールドストレージ 2018 - エンタープライズオプティカルストレージ躍進の可能性

発行 Fujiwara-Rothchild Ltd. 商品コード 687025
出版日 ページ情報 和文 114 Pages
納期: 即日から翌営業日
価格
Back to Top
コールドストレージ 2018 - エンタープライズオプティカルストレージ躍進の可能性
出版日: 2018年08月30日 ページ情報: 和文 114 Pages
概要

人間社会を構成する様々な機構の側面で、常に大量のデータが生成され、流通し、蓄積されています。注目すべきは、 エンタープライズにおけるコールドストレージ市場への容量供給量の増大であり、2018年~2025年でCAGR15%の伸びを示し、2025年には1.4ZB超の年間出荷容量となる見込みです。特にニアラインHDDの容量供給の伸びは大きく、CAGR16%となることが予測されます。

当レポートでは、個別のストレージの動向や中国を中心に新たな動きを示しつつあるエンタープライズ光ディスクの動向などコールドストレージに重点を置いて分析しています。

第1章 エグゼクティブサマリ

  • ストレージ容量急増の背景
  • ストレージ動向の概要
    • 単年度出荷総容量推移
    • 全ストレージ合計の実稼働容量(累積容量)推移
    • コールドストレージの動向

第2章 ストレージ市場の定義と一般動向

  • 市場の定義(Enterprise とClient)

第3章 ストレージ容量供給動向

  • ストレージ市場全体とストレージ構成
    • 年間容量供給トレンド
    • 実稼働ストレージ推移
  • クライアント市場
  • エンタープライズ市場

第4章 コールドデータ急増の要因

  • 市場要因
  • データアクセス頻度による分類
  • ストレージルール

第5章 コールドストレージの個別動向

  • Enterprise 及びClient マーケットに使用されるストレージの種類
    • Enterprise storage
    • Client storage

第6章 今後のストレージ容量供給の個別トレンド

  • HDD エンタープライズストレージの種別
  • LTO 容量供給動向(~LTO9)
  • 光ディスクストレージ容量供給動向
  • エンタープライズ市場におけるストレージの動向
  • エンタープライズ市場向けストレージの平均出荷ユニット容量

第7章 各種ストレージの容量ロードマップと技術動向

  • 各ストレージの一般動向
    • 各ストレージの容量トレンド
    • 各ストレージの記録密度の向上トレンド
    • HDD 関連 Terminology
    • 記録密度トレンド
  • HDD 技術動向
    • HDD 技術ロードマップ
    • HDD new technologies
    • He ガス充填
    • HAMR
    • MAMR
  • LTO 技術動向
    • LTO ロードマップ
    • LTO の互換性
    • LTO 技術動向
    • 特許紛争
  • 光ディスクストレージ(AD)ロードマップ
    • 光ディスクストレージ 技術動向・課題
  • ホログラフィックメモリ研究開発動向
    • 東京理科大 2TB 容量のホログラムメモリ
    • 日立製作所、HLDS
    • ISOM2016 におけるHolographic memory 関連発表要約

第8章 コールドデータとストレージ選択

  • "コールド"か"ウォーム"か
  • HDD メーカのマーケティング戦略
  • 光ディスクストレージシステム 光ディスクの提案例
    • Configuration-1
    • Configuration-2
    • Configuration-3
    • Configuration-4
  • クラウドストレージ

第9章 市場の可能性

  • コールドストレージ拡大に寄与するアプリケーション
    • データセンタと利用する業種・アプリケーション
    • Big Science, IoT, SNS
    • 第4 次産業革命
  • 光ディスクストレージの期待される市場
    • AD の主な動向(特に米国市場)
    • 中国市場動向
    • 中国の主な関連企業群例
    • 中国の光ストレージ研究開発体制
  • まとめ
Back to Top